IEとOutlookで任意のプログラムが実行される問題が発覚 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

IEとOutlookで任意のプログラムが実行される問題が発覚

製品・サービス・業界動向 業界動向

 Internet ExplorerとOutlook/Outlook Expressで、任意のプログラムが実行可能になる問題が発見された。この問題はHTMLに仕込まれたコードによって発生する物。innerHTML、insertAdjacentHTMLやouterHTMLにより、codebaseから任意のコマンドやプログラムを実行することが出来る。これにより、Webサイトを開いただけで、ハードディスクのフォーマットが行われる可能性があるなど、非常に危険な問題となっている。

 さらに、ActiveXやJavaをオフにしていても実行されてしまうため、十分な注意が必要とされる。少なくとも、Outlook/Outlook ExpressのユーザーはHTMLメールを受け取らない設定などにする必要があるだろう。


□ 関連情報

 SecurePoint
 IE execution of arbitrary commands without Active Scripting or
 ActiveX (GM#001-IE)
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0203/24.html

 SecuriTeam.com
 Executing Arbitrary Commands without Active Scripting or ActiveX
http://www.securiteam.com/windowsntfocus/5ZP0N2A6AQ.html

(詳しくはScan Daily EXpressおよびScan 本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm
http://vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×