11月のコンピュータ不正アクセス被害届出状況を発表、無防備な共有設定についても警告(情報処理振興事業協会) | ScanNetSecurity
2021.10.17(日)

11月のコンピュータ不正アクセス被害届出状況を発表、無防備な共有設定についても警告(情報処理振興事業協会)

 情報処理振興事業協会は、11月のコンピュータ不正アクセス被害届出状況を発表した。被害届出は計14件。内訳は脆弱性探索を含む侵入に係わるものが7件、DoS攻撃と思われるアクセスが1件、spamメール中継が5件、メールアドレス詐称が1件となっている。また同協会は、この

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会は、11月のコンピュータ不正アクセス被害届出状況を発表した。被害届出は計14件。内訳は脆弱性探索を含む侵入に係わるものが7件、DoS攻撃と思われるアクセスが1件、spamメール中継が5件、メールアドレス詐称が1件となっている。また同協会は、このところ相談が寄せられているCATV網等のいわゆる常時接続状態での不正アクセスケースの要因となりやすい、無防備な共有設定についても注意するよう呼びかけている。

http://www.ipa.go.jp/security/crack_report/20001218/0011hd.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×