一般社団法人全国銀行協会(全銀協) | ScanNetSecurity
2020.09.21(月)

一般社団法人全国銀行協会(全銀協)

ネットバンキングの不正払い戻しは個人、法人ともに増加傾向継続(全銀協) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ネットバンキングの不正払い戻しは個人、法人ともに増加傾向継続(全銀協)

全銀協は、盗難通帳、インターネット・バンキング、盗難・偽造キャッシュカードによる預金等の不正払戻し件数・金額等に関するアンケート結果および口座不正利用に関するアンケート結果について発表した。

オンラインバンキング不正引き出し、個人被害が件数・金額とも大幅減少(全銀協) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

オンラインバンキング不正引き出し、個人被害が件数・金額とも大幅減少(全銀協)

全銀協は、盗難通帳、インターネット・バンキング、盗難・偽造キャッシュカードによる預金等の不正払戻し件数・金額等に関するアンケート結果および口座不正利用に関するアンケート結果について発表した。

オンラインバンキング不正引き出し、個人の被害被害が3倍近くに急増(全銀協) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

オンラインバンキング不正引き出し、個人の被害被害が3倍近くに急増(全銀協)

全銀協は、盗難通帳、インターネット・バンキング、盗難・偽造キャッシュカードによる預金等の不正払戻し件数・金額等に関するアンケート結果および口座不正利用に関するアンケート結果について発表した。

オンラインバンキング不正引き出し、個人の被害が4倍近くに急増(全銀協) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

オンラインバンキング不正引き出し、個人の被害が4倍近くに急増(全銀協)

全銀協は、盗難通帳、インターネット・バンキング、盗難・偽造キャッシュカードによる預金等の不正払戻し件数・金額等に関するアンケート結果および口座不正利用に関するアンケート結果について発表した。

オンラインバンキング不正引き出し、個人被害減少するも依然高い水準(全銀協) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

オンラインバンキング不正引き出し、個人被害減少するも依然高い水準(全銀協)

全銀協は、盗難通帳、インターネット・バンキング、盗難・偽造キャッシュカードによる預金等の不正払戻し件数・金額等に関するアンケート結果および口座不正利用に関するアンケート結果について発表した。

手形・小切手の画像データで銀行間決済可能に、3年後目途(全銀協) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

手形・小切手の画像データで銀行間決済可能に、3年後目途(全銀協)

全銀協は、3年後(令和4年)を目途に「電子交換所」を設立することを決定したと発表した。

個人の不正払い戻しの被害が急増、総額は2億円を超える(全銀協) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

個人の不正払い戻しの被害が急増、総額は2億円を超える(全銀協)

全銀協は、盗難通帳、インターネット・バンキング、盗難・偽造キャッシュカードによる預金等の不正払戻し件数・金額等に関するアンケート結果および口座不正利用に関するアンケート結果について発表した。

個人の不正払い戻しの被害は減少傾向が続く(全銀協) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

個人の不正払い戻しの被害は減少傾向が続く(全銀協)

全銀協は、盗難通帳、インターネット・バンキング、盗難・偽造キャッシュカードによる預金等の不正払戻し件数・金額等に関するアンケート結果および口座不正利用に関するアンケート結果について発表した。

全国銀行協会を騙り、カード情報を入力させるフィッシングサイトを確認(フィッシング対策協議会) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

全国銀行協会を騙り、カード情報を入力させるフィッシングサイトを確認(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、全国銀行協会を騙るフィッシングサイトが確認されているとして、注意喚起を発表した。

不正払い戻しの被害が個人・法人ともに半分以下に減少(全銀協) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

不正払い戻しの被害が個人・法人ともに半分以下に減少(全銀協)

全銀協は、不正払戻しの件数・金額等に関するアンケート結果および口座不正利用に関するアンケート結果について発表した。

不正払い戻しの被害が個人・法人ともに増加、口座不正利用被害も微増(全銀協) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

不正払い戻しの被害が個人・法人ともに増加、口座不正利用被害も微増(全銀協)

全銀協は、不正払戻しの件数・金額等に関するアンケート結果および口座不正利用に関するアンケート結果について発表した。

不正払い戻しの被害に遭った個人の金額が増加、口座不正利用は低い水準に(全銀協) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

不正払い戻しの被害に遭った個人の金額が増加、口座不正利用は低い水準に(全銀協)

全銀協は、不正払戻しの件数・金額等に関するアンケート結果および口座不正利用に関するアンケート結果について発表した。

不正払い戻しや口座不正利用のアンケート、件数・金額とも低い水準に(全銀協) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

不正払い戻しや口座不正利用のアンケート、件数・金額とも低い水準に(全銀協)

全銀協は、不正払戻しの件数・金額等に関するアンケート結果および口座不正利用に関するアンケート結果について発表した。

「本人銀行凍結処分の許可」、全国銀行協会を騙るフィッシングサイト(フィッシング対策協議会) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「本人銀行凍結処分の許可」、全国銀行協会を騙るフィッシングサイト(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、全国銀行協会を騙るフィッシングサイトが確認されているとして、注意喚起を発表した。

銀行協会職員や警察官などと名乗り、カードを騙し取る事案が多発(日本クレジット協会) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

銀行協会職員や警察官などと名乗り、カードを騙し取る事案が多発(日本クレジット協会)

日本クレジット協会は、銀行協会職員、百貨店社員、警察官などと名乗り、クレジットカードやキャッシュカード等を騙し取る事案が発生しているとして、注意喚起を発表した。

信用金庫向けに反社会的勢力リストの情報を検索して照合できるシステムを提供(NTTデータ東北) 画像
製品・サービス・業界動向 小菅@RBB TODAY

信用金庫向けに反社会的勢力リストの情報を検索して照合できるシステムを提供(NTTデータ東北)

 NTTデータ東北は信用金庫向け「反社管理ソリューション」の提供を開始した。信用金庫の窓口担当者が警察庁、全銀協(全国銀行協会)および信用金庫が保有する反社会的勢力(反社)リストの情報を検索して照合できるシステムとなっており

なぜ中小企業における不正送金被害が続出しているのか 第1回「全銀協の考え方」 画像
特集 船井総合研究所 経営コンサルタント 那須 慎二 / 技術監修 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン

なぜ中小企業における不正送金被害が続出しているのか 第1回「全銀協の考え方」

とりわけ問題になっているのが「法人被害が増加している」点です。2013年下半期(7月~12月)の法人被害額は、7,500万円。2014年上半期(1月~ 6月)の法人被害額は、5億7,200万円。わずか半年で7.6倍も被害額が拡大しているのです。

米国で官民連携のオンライン詐欺対策プロジェクト、Microsoftが技術供与(Microsoft) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

米国で官民連携のオンライン詐欺対策プロジェクト、Microsoftが技術供与(Microsoft)

米Microsoftは6月17日(現地時間)、米国のサイバー犯罪対策団体であるNational Cyber-Forensics and Training Alliance(NCFTA)および米銀行協会、フィッシング対策ワーキンググループ、Citizens Bank、Accuity、eBay社、米連邦取引委員会、消費者連盟、PayPalなどと「

インターネット・バンキングの被害が過去最悪に〜不正引出し調査を発表(全銀協) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

インターネット・バンキングの被害が過去最悪に〜不正引出し調査を発表(全銀協)

全国銀行協会(全銀協)は8月23日、正会員・準会員(182行)を対象として、2007年6月末時点における「盗難通帳による払出し件数・金額等」「偽造キャッシュカードによる預金等引出し」及び「インターネット・バンキングによる預金等不正引出し」に関するアンケートを実施

指静脈と手のひら静脈の2つの生体認証に対応した新ICキャッシュカードを開発(大日本印刷) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

指静脈と手のひら静脈の2つの生体認証に対応した新ICキャッシュカードを開発(大日本印刷)

大日本印刷株式会社(DNP)は5月12日、指静脈と手のひら静脈の2つの生体認証に対応したICキャッシュカードを国内で初めて開発したと発表した。新ICキャッシュカードは、3月末に改訂された全国銀行協会ICキャッシュカード標準仕様に準拠したもので、1枚のカードに指静脈と

    Page 1 of 1
    ★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
    ★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

    登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

    ×