オンラインバンキング不正引き出し、個人被害減少するも依然高い水準(全銀協) | ScanNetSecurity
2020.06.07(日)

オンラインバンキング不正引き出し、個人被害減少するも依然高い水準(全銀協)

全銀協は、盗難通帳、インターネット・バンキング、盗難・偽造キャッシュカードによる預金等の不正払戻し件数・金額等に関するアンケート結果および口座不正利用に関するアンケート結果について発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
一般社団法人全国銀行協会(全銀協)は9月24日、盗難通帳、インターネット・バンキング、盗難・偽造キャッシュカードによる預金等の不正払戻し件数・金額等に関するアンケート結果および口座不正利用に関するアンケート結果について発表した。

この調査は同協会の正会員・準会員・特例会員(192行)を対象に実施したアンケート調査で、2019年6月末時点における「盗難通帳による預金等の不正払戻し」、「インターネット・バンキングによる預金等の不正払戻し」、「盗難キャッシュカードによる預金等の不正払戻し」、「偽造キャッシュカードによる預金等の不正払戻し」および「口座不正利用」について結果をまとめている。

このうち「インターネット・バンキングによる預金等の不正払戻し」では、2019年4月~6月の個人顧客の不正払戻件数は110件(前四半期は146件)、金額は2億100万円(同、4億4.800万円)、法人顧客では5件(同1件)、1,300万円(同300万円)となっており、個人における被害が減少したものの、依然高い水準にある。

個人被害110件のうち対応方針決定済件数は8件で、うち補償件数は5件、個人の不正払い戻し補償率は62.5%となった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×