米国で官民連携のオンライン詐欺対策プロジェクト、Microsoftが技術供与(Microsoft) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

米国で官民連携のオンライン詐欺対策プロジェクト、Microsoftが技術供与(Microsoft)

製品・サービス・業界動向 業界動向

米Microsoftは6月17日(現地時間)、米国のサイバー犯罪対策団体であるNational Cyber-Forensics and Training Alliance(NCFTA)および米銀行協会、フィッシング対策ワーキンググループ、Citizens Bank、Accuity、eBay社、米連邦取引委員会、消費者連盟、PayPalなどと「Internet Fraud Alert will」を設立したと発表した。

「Internet Fraud Alert will」は、オンライン詐欺やアカウント不正使用の被害軽減に取り組むプロジェクト。オンライン上でクレジットカード情報やユーザ名とパスワードといったログイン情報を発見した場合に、適切な機関に速やかに通知できるよう、Microsoftの技術により一元化されたアラートシステムを構築する。

http://www.microsoft.com/presspass/press/2010/jun10/06-17fraudalertpr.mspx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×