銀行協会職員や警察官などと名乗り、カードを騙し取る事案が多発(日本クレジット協会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

銀行協会職員や警察官などと名乗り、カードを騙し取る事案が多発(日本クレジット協会)

脆弱性と脅威 脅威動向

一般社団法人 日本クレジット協会は8月7日、銀行協会職員、百貨店社員、警察官などと名乗り、クレジットカードやキャッシュカード等を騙し取る事案が発生しているとして、注意喚起を発表した。

具体的には2種類のケースが確認されている。ひとつは、百貨店社員や警察官などを名乗る男から「詐欺の被害に遭っているかもしれない」「カードを止める手続きをする」などという嘘の電話があり、自宅に訪れた銀行協会職員を名乗る男にキャッシュカードとクレジットカードを手渡し、暗証番号を教えてしまうケース。

もうひとつは、銀行協会職員や百貨店社員、警察官を装った男から「あなたのキャッシュカードを使って買い物をしようとした人がいる」「あなたの個人情報が漏れている」と不安をあおられ、「より安全性の高いカードに交換した方がいい」と持ちかけられ、暗証番号を教えてしまい、さらに「古いカードを回収する」と告げられて、家を訪れた男にキャッシュカードを渡してしまうケース。

同協会では、銀行協会職員、百貨店社員、警察官等が、電話や訪問によりユーザの暗証番号を聞いたり、クレジットカードやキャッシュカードを預かるようなことは一切ないとして、注意を呼びかけている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×