オンラインストレージを悪用するフィッシング詐欺が増加(BBSS) | ScanNetSecurity
2020.06.04(木)

オンラインストレージを悪用するフィッシング詐欺が増加(BBSS)

BBSSは、「インターネット詐欺リポート(2019年7月度)」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
BBソフトサービス株式会社(BBSS)は9月5日、「インターネット詐欺リポート(2019年7月度)」を発表した。本レポートは、同社の「詐欺ウォール / Internet SagiWall」で検知・収集した危険性の高い詐欺サイトの分析結果を報告するもの。これによると、オンラインストレージサービスを悪用したフィッシング詐欺サイト数が増加傾向にある。

同サイト数は、2018年上半期に増加し、同年下半期に8件まで減少したものの、2019年上半期で22件となっている。具体的な手口は、キャリアやISPなどの認証情報詐取を目的とした偽のログインページを、オンラインストレージサービス上に設置し、フィッシング詐欺メールによって利用者を誘導、メールアドレス、パスワードを搾取する。詐欺サイトのURLが正規サービスのドメインとなるため、URL確認だけでは詐欺サイトと判断するのは極めて困難となる。同社では引き続き、動向を注視するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×