2017年3月の調査・レポート・白書ニュース記事一覧 | ScanNetSecurity
2019.12.10(火)

2017年3月の調査・レポート・白書ニュース記事一覧

書評「Dark Territory」 (5) 莫大な情報量と単純な真実 画像
ブックレビュー

書評「Dark Territory」 (5) 莫大な情報量と単純な真実

私が本書を読んでもっとも驚いたのは、予算をつけても国家のサイバー戦能力の向上と維持には、さほど役にたたないという点だ。

2016年に漏えいしたデータ件数は「歴史的な増加」--グローバルレポート(日本IBM) 画像
調査・ホワイトペーパー

2016年に漏えいしたデータ件数は「歴史的な増加」--グローバルレポート(日本IBM)

日本IBMは、2017年の「IBM X-Force脅威インテリジェンス指標」の結果を発表した。

過去1年に発生したインシデント、標的型メール攻撃とランサムウェアが台頭(NRIセキュア) 画像
調査・ホワイトペーパー

過去1年に発生したインシデント、標的型メール攻撃とランサムウェアが台頭(NRIセキュア)

NRIセキュアは、「企業における情報セキュリティ実態調査 2017」を発表した。

国内の主要な個人情報漏えい事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2017」(イード) 画像
調査・ホワイトペーパー

国内の主要な個人情報漏えい事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2017」(イード)

イードは、2016年度に日本国内で発生した主要な個人情報漏えい事件・事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2017」を発刊したと発表した。

世界平均で1秒に44件のデータが漏えい、原因の7割が「悪意のある外部者」(ジェムアルト) 画像
調査・ホワイトペーパー

世界平均で1秒に44件のデータが漏えい、原因の7割が「悪意のある外部者」(ジェムアルト)

ジェムアルトは、データ漏えいの深刻度を指標化した「2016年 Breach Level Index」の結果を発表した。

2017年度の予算、3項目で2割の企業が「増やす」、背景にリスク認知(JIPDEC、ITR) 画像
調査・ホワイトペーパー

2017年度の予算、3項目で2割の企業が「増やす」、背景にリスク認知(JIPDEC、ITR)

JIPDECとITRは、「企業IT利活用動向調査2017」の一部結果を速報として発表した。

「Mirai」などIoT機器へのアクセスが急増、前年の倍以上に(警察庁) 画像
調査・ホワイトペーパー

「Mirai」などIoT機器へのアクセスが急増、前年の倍以上に(警察庁)

警察庁は、@policeにおいて2016年の「インターネット観測結果等」を発表した。

企業の営業秘密漏えい 2大ルート明らかに、2,000社アンケート(IPA) 画像
調査・ホワイトペーパー

企業の営業秘密漏えい 2大ルート明らかに、2,000社アンケート(IPA)

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は3月17日、「企業における営業秘密管理に関する実態調査」の報告書を公開した。

2016年に確認されたC&Cサーバ、8割が1年以上前に取得されたドメイン名(日本IBM) 画像
調査・ホワイトペーパー

2016年に確認されたC&Cサーバ、8割が1年以上前に取得されたドメイン名(日本IBM)

日本IBMは、「2016年下半期Tokyo SOC情報分析レポート」を発表した。

ランサムウェア、アクセス試行IDなど、データでみる2016年のサイバー脅威(エフセキュア) 画像
調査・ホワイトペーパー

ランサムウェア、アクセス試行IDなど、データでみる2016年のサイバー脅威(エフセキュア)

エフセキュアは、サイバーセキュリティレポート「サイバーセキュリティの状況2017年(STATE OF CYBER SECURITY 2017)」を発表した。

身の回りの情報漏えいリスクを「20の事例」にまとめて提供(エムオーテックス) 画像
調査・ホワイトペーパー

身の回りの情報漏えいリスクを「20の事例」にまとめて提供(エムオーテックス)

 エムオーテックスは、セキュリティの原理原則をまとめたセキュリティブック「セキュリティ7つの習慣・20の事例」を2月23日より提供している。ブックと講師用資料、テストは無料でダウンロードできる。

Active Directoryを狙う2つの攻撃手法と、ログを活用した検知と対策(JPCERT/CC) 画像
調査・ホワイトペーパー

Active Directoryを狙う2つの攻撃手法と、ログを活用した検知と対策(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、「ログを活用したActive Directoryに対する攻撃の検知と対策」と題する資料を公開した。

被害を受けた組織の約4割が改善策としてIT部門とセキュリティ部門分離を実施--シスコ年次レポート(シスコ) 画像
調査・ホワイトペーパー

被害を受けた組織の約4割が改善策としてIT部門とセキュリティ部門分離を実施--シスコ年次レポート(シスコ)

シスコは、サイバー攻撃の脅威と動向についてまとめた「年次サイバーセキュリティレポート(2017年版)」を発表した。

書評「Dark Territory」(2) アメリカにおけるサイバー戦の扱いの変遷 ~ USCYBERCOM 以前 画像
ブックレビュー

書評「Dark Territory」(2) アメリカにおけるサイバー戦の扱いの変遷 ~ USCYBERCOM 以前

USCYBERCOM (アメリカサイバー軍) 以前のアメリカでは、ほとんどの政治家と官僚に正しい認識がなかったと言っていいだろう。従って USCYBERCOM 以前は、ごく少数の人々による苦闘の歴史だ。

日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ) 画像
調査・ホワイトペーパー

日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ)

フレクセラは、同社のSecunia Researchによる「Personal Software Inspector 国別レポート - 2016 年第 4 四半期」の日本の状況について発表した。

「ファジング活用の手引き」資料を更新、「Taof」「Peach Fuzzer」など最新のツールを紹介(IPA) 画像
調査・ホワイトペーパー

「ファジング活用の手引き」資料を更新、「Taof」「Peach Fuzzer」など最新のツールを紹介(IPA)

IPAは、「ファジング活用の手引き」第1版第5刷、および「ファジング実践資料」第2版を公開したと発表した。

ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ) 画像
調査・ホワイトペーパー

ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、日本国内および海外でのセキュリティ動向を分析した報告書「2016年年間セキュリティラウンドアップ:『ランサムウェアビジネス』が法人にもたらす深刻な被害」を公開した。

書評「Dark Territory」(1) アメリカでサイバー戦が重要課題となるまでの軌跡 画像
ブックレビュー

書評「Dark Territory」(1) アメリカでサイバー戦が重要課題となるまでの軌跡

一読して、一過性の技術や教育に対する投資の意味がないことがわかる。正確に言えば、しかるべき組織と指導者、そしてビジョンがなければむやみに技術や教育に投資をしても役には立たないということだ。

    Page 1 of 1
    ★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
    ★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

    登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

    ×