2016年に漏えいしたデータ件数は「歴史的な増加」--グローバルレポート(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

2016年に漏えいしたデータ件数は「歴史的な増加」--グローバルレポート(日本IBM)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は3月30日、2017年の「IBM X-Force脅威インテリジェンス指標」の結果を発表した。これは、2016年に100カ国8,000社以上のモニタリング対象の顧客から得られた調査結果と、スパム・センサーやハニーネットなどの顧客以外の資産から取得されたデータで構成されるもの。

指標によると、2016年に漏えいしたデータの件数が2015年の6億件から40億件超に増加し、増加率は566%に達した。「歴史的な増加」としている。業界では、金融、情報・通信サービスおよび行政機関が上位を占め、2015年に1位だった医療業界は6位以下になっている。また、ランサムウェアも前年比400%と急増した。ランサムウェアはスパムメールの添付ファイルとして拡散するが、2016年はスパムメールの悪意ある添付ファイルの85%をランサムウェアが占めた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×