IBM(International Business Machines Corporation) | ScanNetSecurity
2022.05.23(月)

IBM(International Business Machines Corporation)

サイバー攻撃組織が「従業員研修」に用いる40ギガバイトの動画が発見される 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

サイバー攻撃組織が「従業員研修」に用いる40ギガバイトの動画が発見される

サイバーセキュリティでは、行動のイニシアティブをとりやすい攻撃者側が有利とされている。防御側から攻撃を与えることはできず、備えて待つしかない。しかし、稀に防御側(つまり我々)が攻撃側を出し抜くこともある。

キンドリルジャパンのデータセンターで障害発生、一部顧客のシステムに影響 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

キンドリルジャパンのデータセンターで障害発生、一部顧客のシステムに影響

 キンドリルジャパン株式会社と日本アイ・ビー・エム株式会社は3月28日、キンドリルジャパンのデータセンターの障害について発表した。

2021年に最も攻撃を受けた国は日本、「IBM X-Force脅威インテリジェンス・インデックス2022」発表 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

2021年に最も攻撃を受けた国は日本、「IBM X-Force脅威インテリジェンス・インデックス2022」発表

日本アイ・ビー・エム株式会社は3月8日、「IBM X-Force脅威インテリジェンス・インデックス2022」を発表した。

医療機関向けクラウド対応セキュリティリファレンス、IBM Cloud対応版公開 画像
調査・レポート・白書 高橋 潤哉

医療機関向けクラウド対応セキュリティリファレンス、IBM Cloud対応版公開

株式会社三菱総合研究所は8月31日、医療機関向けクラウドサービス対応セキュリティリファレンスのIBM Cloud対応版を公開した。

インシデント対応コストは平均 4 億 7 千万円で過去最高更新 ~ IBM が世界 500 事例分析 画像
調査・レポート・白書 高橋 潤哉

インシデント対応コストは平均 4 億 7 千万円で過去最高更新 ~ IBM が世界 500 事例分析

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は8月25日、世界規模でデータ侵害の経済的影響を調査した結果を発表した。米国IBM Securityでは現地時間7月28日に、同調査結果を公表している。

IBMが考えるクラウドセキュリティ5つの必須条件2021年版 画像
製品・サービス・業界動向 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

IBMが考えるクラウドセキュリティ5つの必須条件2021年版

日本アイ・ビー・エム株式会社は4月9日、「2021年版クラウド・セキュリティーに求められる5つの必須条件」を同社ブログで公開した。

130カ国以上が対象「IBM X-Force脅威インテリジェンス・インデックス2021」発表 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

130カ国以上が対象「IBM X-Force脅威インテリジェンス・インデックス2021」発表

日本アイ・ビー・エム株式会社は3月3日、米国IBM Securityで2月24日に公表された「IBM X-Force脅威インテリジェンス・インデックス2021」を発表した。個人情報入力不要。

「Emotet」への感染を目的としたメールは日本の営業時間帯に合わせて送信 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

「Emotet」への感染を目的としたメールは日本の営業時間帯に合わせて送信

マルウェア「Emotet」への感染を目的とした悪意のある電子メールは、日本の営業時間である午前9時頃から活発化し、終業時間頃に沈静化することがIBMの調査で明らかになった。

ダイムラーがセキュリティ機能としてIBMパブリッククラウド採用(IBM) 画像
製品・サービス・業界動向 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

ダイムラーがセキュリティ機能としてIBMパブリッククラウド採用(IBM)

ダイムラーはIBMとの契約を拡大し、インテリジェント・クラウド・ソリューションを導入、同社のグローバル・アフターセールス・ポータル機能をIBMパブリッククラウドに移行するとIBMが7月1日発表した。

クラウド侵害の半数近くがホストアプリを経由(日本IBM) 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

クラウド侵害の半数近くがホストアプリを経由(日本IBM)

日本IBMは、「クラウドの脅威レポート公開:脅威アクターはどのようにクラウドに適応しているか?」と題するブログを公開した。

6割が過去に入手した認証情報で侵入、OTへの攻撃は前年の20倍に(日本IBM) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

6割が過去に入手した認証情報で侵入、OTへの攻撃は前年の20倍に(日本IBM)

日本IBMは、「IBM X-Force脅威インテリジェンス・インデックス2020」を発表した。

クラウドベースのセキュリティソリューションの基盤に「IBM Cloud」採用(MBSD) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

クラウドベースのセキュリティソリューションの基盤に「IBM Cloud」採用(MBSD)

MBSDは、クラウドベースのサイバー・セキュリティー・ソリューション「MGSP」の基盤にIBMのパブリック・クラウド「IBM Cloud」を採用し、本格稼働を開始したと発表した。

ハイブリッド・マルチクラウドでデータを保護、IBMの新メインフレーム(日本IBM) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ハイブリッド・マルチクラウドでデータを保護、IBMの新メインフレーム(日本IBM)

日本IBMは、ハイブリッド・マルチクラウド環境全体で顧客データのプライバシーを管理する機能を備えた企業向けプラットフォームの新製品「IBM z15」を発表した。

情報漏えい事故対応コストは初年度・翌年・さらにその翌年以降も発生(IBM セキュリティー) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

情報漏えい事故対応コストは初年度・翌年・さらにその翌年以降も発生(IBM セキュリティー)

IBM セキュリティーは、情報漏えいが組織に及ぼす経済的影響について調査した年次調査「2019年情報漏えいのコストに関するレポート」の結果を発表した。

米調査:昔追いはぎ、今サイバー攻撃~旅行者のリスク高まる(IBMセキュリティー) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

米調査:昔追いはぎ、今サイバー攻撃~旅行者のリスク高まる(IBMセキュリティー)

IBMセキュリティーは、米IBM Securityによる調査「2019 IBM X-Force Threat Intelligence Index(US)」の結果を発表した。

組織の77%が「インシデント対応計画がない」--グローバル調査(IBMセキュリティー) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

組織の77%が「インシデント対応計画がない」--グローバル調査(IBMセキュリティー)

IBMセキュリティーは、サイバー攻撃に対する耐性および攻撃からの回復に関する組織の準備状況を探るグローバル調査「2019年サイバー・レジリエンスを備えた組織」の結果を発表した。

攻撃のROI向上のために手法を変えるサイバー犯罪者(日本IBM) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

攻撃のROI向上のために手法を変えるサイバー犯罪者(日本IBM)

日本IBMは、「2019年IBM X-Force脅威インテリジェンス・インデックス(英語)」の結果を発表した。

走る SOC「IBM X-Force C-TOC 」公開、インシデント対応能力強化(IBM) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

走る SOC「IBM X-Force C-TOC 」公開、インシデント対応能力強化(IBM)

日本IBMは、現地への移動が可能な、業界初の移動式セキュリティ・オペレーション・センター「IBM X-Force コマンド・サイバー・タクティカル・オペレーション・センター(C-TOC)」を発表。米国およびヨーロッパ中を移動し、顧客とともにインシデント対応の訓練を実施する。

ATMの診断など行うX-Force Redラボ設立、Black Hatで発表(日本IBM) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ATMの診断など行うX-Force Redラボ設立、Black Hatで発表(日本IBM)

日本IBMセキュリティーは、新しいラボ「X-Force Redラボ」を開設すると発表した。

2017年に漏えいしたデータ件数は前年比25%減少、それでも29億件を超える(日本IBM) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

2017年に漏えいしたデータ件数は前年比25%減少、それでも29億件を超える(日本IBM)

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は4月5日、「2018年 IBM X-Force脅威インテリジェンス指標」の結果を発表した。同レポートは、100カ国にわたって、保護された数億のエンドポイントとサーバで分析されたデータによる洞察および観察で構成されたもの。

「利便性」と「セキュリティ」の優先順位逆転…ユーザーアンケート(日本IBM) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「利便性」と「セキュリティ」の優先順位逆転…ユーザーアンケート(日本IBM)

日本IBMは、グローバル調査「IDの未来に関する調査」の結果を公開した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 最後
Page 1 of 7
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×