ダイムラーがセキュリティ機能としてIBMパブリッククラウド採用(IBM) | ScanNetSecurity
2022.05.22(日)

ダイムラーがセキュリティ機能としてIBMパブリッククラウド採用(IBM)

ダイムラーはIBMとの契約を拡大し、インテリジェント・クラウド・ソリューションを導入、同社のグローバル・アフターセールス・ポータル機能をIBMパブリッククラウドに移行するとIBMが7月1日発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
ダイムラーはIBMとの契約を拡大し、インテリジェント・クラウド・ソリューションを導入、同社のグローバル・アフターセールス・ポータル機能をIBMパブリッククラウドに移行するとIBMが7月1日発表した。

ダイムラー社のグローバル・アフターセールス・ポータルとは、ダイムラーの小売部門の販売プロセスをサポートするシステム。IBMパブリッククラウドの利用でスケーラビリティと迅速性を確保する。同時にそのデータはIBMのパブリック・クラウドに転送・保存され、IBM Hyper Protect Servicesなどの包括的なセキュリティ機能によって保護され、ドイツの自動車メーカーダイムラーの機密データ保護に関する厳しい要件に対応するという。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×