日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ) | ScanNetSecurity
2020.05.31(日)

日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ)

フレクセラは、同社のSecunia Researchによる「Personal Software Inspector 国別レポート - 2016 年第 4 四半期」の日本の状況について発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
フレクセラ・ソフトウェア合同会社(フレクセラ)は3月8日、同社のSecunia Researchによる「Personal Software Inspector 国別レポート - 2016 年第 4 四半期」の日本の状況について発表した。同レポートは、Personal Software Inspectorで実行されたスキャンのデータに基づくもので、2016年10月1日から12月31日までのデータを12カ国の国別にまとめたもの。

レポートによると、日本の個人PCには平均63個のプログラムがインストールされており、このうち7%はサポート期間が終了し、ベンダからのパッチが適用されていないことが判明した。対象期間において、Windows OSにパッチを適用していないユーザは6.5%と前四半期(5.0%)から増加している。マイクロソフト以外のプログラムにパッチを適用していないユーザは14.4%で、前四半期(14.3%)、前年同期(11.5%)より増加した。

レポートでは、同四半期における危険度トップ3プログラムとして、「Apple iTunes 12.x」(パッチ未適用率57%、市場シェア42%、脆弱性29件)、「Oracle Java JRE 1.8.x / 8.x」(パッチ未適用率53%、市場シェア43%、脆弱性39件)、「Lhaplus 1.x」(パッチ未適用率63%、市場シェア26%、脆弱性0件)を挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×