国内の主要な個人情報漏えい事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2017」(イード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

国内の主要な個人情報漏えい事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2017」(イード)

イードは、2016年度に日本国内で発生した主要な個人情報漏えい事件・事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2017」を発刊したと発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社イードは3月16日、2016年度に日本国内で発生した主要な個人情報漏えい事件・事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2017」を発刊したと発表した。本年鑑は、2016年に発生した代表的な情報漏えい事件・事故(約60件)を編年的に総覧できるほか、索引に掲載された企業名から漏えい事故を検索することも可能にしたもので、2002年から毎年刊行されている。

また、事故ごとに「事故発生のリリース発表日」「企業・団体名」「漏えい件数」「漏えい原因」「ファイル共有ソフト関与の有無」「関連URL」を収録を収録している。本年鑑はA4版約40ページとなっており、書籍版(3万2,400円)とPDFファイル版(CD-ROM:2万1,600円、メール納品:16,200円)が用意されている。さらに、CSVファイルにて提供される、「日本情報漏えい年鑑 2005-2016」(別売:194,400円)は、個人情報保護法が施行された2005年1月から2016年12月までの11年間に国内で発生した主要な情報漏えい事故約1,100件のデータを収録している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×