書評「Dark Territory」 (5) 莫大な情報量と単純な真実 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.05.29(月)

書評「Dark Territory」 (5) 莫大な情報量と単純な真実

調査・レポート・白書 ブックレビュー

ここまで見てきたように本書は、文字通り歴史を綴ったノンフィクションであり、これまで語られなかった (特に日本においては) サイバー戦争の裏側を紹介している。

技術についての説明は最小限にとどめ、その代わりに関係する人物や組織についての記述が多い。これは非常に助かる。というのは、ニュースや日本語訳された資料を見ただけでは、関係者の来歴がつかめないことが多いからだ。その人物がNSAの幹部職とサイバー軍需企業の役員を何度も務めたことがあるとか、空軍の情報関係部署出身なのかなど知ることによって見えてくれる風景は変わってくる。史的事実と関係者の情報の辞書としてとても役にたつ。

私が本書を読んでもっとも驚いたのは、予算をつけても国家のサイバー戦能力の向上と維持には、さほど役にたたないという点だ。国家におけるサイバー戦の位置づけを明確にし、それが重要であるなら能力ある人物を継続的に中枢におき、権限を与える必要がある。それなしに、予算や組織や人材開発に予算をつぎ込んでも一過性のもので終わってしまう。

《一田 和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「なりすましメールではないか」という標的型メールなど、巧妙化する攻撃(トレンドマイクロ)

    「なりすましメールではないか」という標的型メールなど、巧妙化する攻撃(トレンドマイクロ)

  2. 4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

    4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

  3. 標的型攻撃との戦いは、ウイルスでなく「人」との戦い--J-CSIPレポート(IPA)

    標的型攻撃との戦いは、ウイルスでなく「人」との戦い--J-CSIPレポート(IPA)

  4. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  5. DDoS攻撃は沈静化の動き、一方で新たなリフレクション攻撃も確認(アカマイ)

  6. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  7. 企業のアプリの96%がオープンソースを利用、その60%以上に脆弱性(Black Duck)

  8. 新しいITセキュリティ アーキテクチャへの期待と必要なもの--グローバル調査(シトリックス)

  9. 日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ)

  10. 国内の主要な個人情報漏えい事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2017」(イード)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×