身の回りの情報漏えいリスクを「20の事例」にまとめて提供(エムオーテックス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.05.24(水)

身の回りの情報漏えいリスクを「20の事例」にまとめて提供(エムオーテックス)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 エムオーテックスは、セキュリティの原理原則をまとめたセキュリティブック「セキュリティ7つの習慣・20の事例」を2月23日より提供している。ブックと講師用資料、テストは無料でダウンロードできる。

 エムオーテックスは、情報漏えいの解決・防止に貢献していく「NO MORE情報漏えいプロジェクト」を2014年10月に発足し、セキュリティに関する情報発信・啓発活動を行ってきた。また、近年のITの進化に伴い、セキュリティも複雑になってきていることから、セキュリティの原理原則をまとめたセキュリティブック「セキュリティ7つの習慣・20の事例」を作成した。

 「セキュリティ7つの習慣・20の事例」は、日常生活に結びつく「セキュリティ7つの習慣」と、身の回りの情報漏えいリスクを「20の事例」にまとめた。「パスワードを強くすること」「ソフトウェアを最新の状態に保つ」など、読者が自身の生活に重ね合わせて考えることができる。

 セキュリティブックの電子データ(PDF)はWebサイトから無料でダウンロードできる。また、学校や企業のセキュリティ研修を行う際に活用できる「講師用資料」と、その後の復習に生かせる「テスト」も電子データ(PDF)形式で無料公開する。

 書籍版は1,200円(税別)で販売する。発行記念キャンペーンとして、4月28日までに書籍版の購入申込者に特別価格の800円(税別)で提供する。

セキュリティ7つの習慣・20の事例をWebで無料公開

《工藤めぐみ@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「なりすましメールではないか」という標的型メールなど、巧妙化する攻撃(トレンドマイクロ)

    「なりすましメールではないか」という標的型メールなど、巧妙化する攻撃(トレンドマイクロ)

  2. 標的型攻撃との戦いは、ウイルスでなく「人」との戦い--J-CSIPレポート(IPA)

    標的型攻撃との戦いは、ウイルスでなく「人」との戦い--J-CSIPレポート(IPA)

  3. 政治的な破壊的攻撃、1/131通が悪意のメール、ランサム266%増加--脅威レポート(シマンテック)

    政治的な破壊的攻撃、1/131通が悪意のメール、ランサム266%増加--脅威レポート(シマンテック)

  4. 4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

  5. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  6. Apache Struts2などの情報収集と脆弱性対応が重要--JVN登録状況(IPA)

  7. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  8. セキュリティ投資は大幅に増加するも、効果的な投資は行われていない日本(Thales e-Security)

  9. 過去1年で1割近くの企業がランサムウェア被害を経験--実態調査(IDC Japan)

  10. 情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場は1千億円に迫る(ミック経済研究所)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×