2016年に確認されたC&Cサーバ、8割が1年以上前に取得されたドメイン名(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.05.29(月)

2016年に確認されたC&Cサーバ、8割が1年以上前に取得されたドメイン名(日本IBM)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は3月17日、「2016年下半期Tokyo SOC情報分析レポート」を発表した。同レポートは、世界10拠点のIBM SOCにて観測したセキュリティイベント情報にもとづき、主に日本国内の企業環境で観測された脅威動向を、Tokyo SOCが独自の視点で分析・解説したもの。

2016年上半期にTokyo SOCで検知した不正メールの件数は140,686件と、2016年上半期の57,490件から約2.5倍に増加した。2016年上半期の16.4倍よりは下がっているものの、依然として高い割合で増加している。今期検知した不正メールのうち、94.9%がランサムウェア「Locky」への感染を狙うもので、検知したランサムウェアの99%を占めている。なお、件名やファイル名に日本語を使用するメールで感染するマルウェアの97.8%が、「Bebloh」と「Ursnif」の金融マルウェアであった。

また、2016年を通して確認されたC&Cサーバのドメイン名を調査したところ、通信が確認された日より1年以上前に取得されたドメイン名が約80%を占めた。このことから、立ち上げたまま長らく放置されているサーバが攻撃者に悪用されていることが推測されるとしている。さらに、2016年下半期はマルウェア「Mirai」に乗っ取られたと考えられる機器からの不正なログインの試みを継続して検知している。ログインに成功した場合、さらに別のIoT機器に対して不正なログインを試みて感染を広げるとともに、攻撃者からの指令によってDDoS攻撃が行われると考えられる。レポートでは、こうしたIoTデバイスに対するメーカー、ユーザ双方のセキュリティ対策が急務としている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「なりすましメールではないか」という標的型メールなど、巧妙化する攻撃(トレンドマイクロ)

    「なりすましメールではないか」という標的型メールなど、巧妙化する攻撃(トレンドマイクロ)

  2. 4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

    4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

  3. 標的型攻撃との戦いは、ウイルスでなく「人」との戦い--J-CSIPレポート(IPA)

    標的型攻撃との戦いは、ウイルスでなく「人」との戦い--J-CSIPレポート(IPA)

  4. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  5. DDoS攻撃は沈静化の動き、一方で新たなリフレクション攻撃も確認(アカマイ)

  6. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  7. 企業のアプリの96%がオープンソースを利用、その60%以上に脆弱性(Black Duck)

  8. 新しいITセキュリティ アーキテクチャへの期待と必要なもの--グローバル調査(シトリックス)

  9. 日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ)

  10. 国内の主要な個人情報漏えい事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2017」(イード)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×