世界平均で1秒に44件のデータが漏えい、原因の7割が「悪意のある外部者」(ジェムアルト) | ScanNetSecurity
2022.05.23(月)

世界平均で1秒に44件のデータが漏えい、原因の7割が「悪意のある外部者」(ジェムアルト)

ジェムアルトは、データ漏えいの深刻度を指標化した「2016年 Breach Level Index」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ジェムアルト株式会社は3月28日、データ漏えいの深刻度を指標化した「2016年 Breach Level Index」の結果を発表した。この調査は、世界中のデータ漏えい情報を収集し、その要因を考慮して深刻度を数値化したもので、「比較的安全な」データ漏えいと「危険な」データ漏えいを見極めることを目的としている。

これによると、2016年は世界で1,792件のデータ漏えいが報告され、漏えいしたデータ件数は前年から86%増加の約14億件となった。これにより、調査を始めた2013年以来、70億件以上のデータが漏えいしたことになり、これは平均して毎日300万件以上、毎秒約44件のデータが漏えいしていることになる。

漏えいしたデータの種類では「なりすまし」が59%でもっとも多く、データの漏えい源では「悪意のある外部者」が68%とトップであった。なお、2016年に発生したデータ漏えい事件のうち、52%は漏えいしたデータ件数は報道されていない。調査ではデータ漏えいの深刻度を独自にBLIスコアとして数値化しているが、4億件のデータが漏えいしたAdultFriend Finderへのパスワードリスト攻撃はスコア10を記録している。

業種別では、漏えい事件数は医療(493件)、政府機関(269件)、その他(229件)、小売(215件)、金融(214件)となっており、漏えいデータ件数ではその他(5億件)、政府機関(3億9千件)、テクノロジ(3億9千件)、医療(3千5百件)となった。は15%で前年からと前年下半期と同水準であったが、漏えいしたデータ件数は57%を占めている。地域別では、北米(80%)、欧州(9%)、アジア(8%)において多く発生した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×