世界平均で1秒に44件のデータが漏えい、原因の7割が「悪意のある外部者」(ジェムアルト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.13(水)

世界平均で1秒に44件のデータが漏えい、原因の7割が「悪意のある外部者」(ジェムアルト)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

ジェムアルト株式会社は3月28日、データ漏えいの深刻度を指標化した「2016年 Breach Level Index」の結果を発表した。この調査は、世界中のデータ漏えい情報を収集し、その要因を考慮して深刻度を数値化したもので、「比較的安全な」データ漏えいと「危険な」データ漏えいを見極めることを目的としている。

これによると、2016年は世界で1,792件のデータ漏えいが報告され、漏えいしたデータ件数は前年から86%増加の約14億件となった。これにより、調査を始めた2013年以来、70億件以上のデータが漏えいしたことになり、これは平均して毎日300万件以上、毎秒約44件のデータが漏えいしていることになる。

漏えいしたデータの種類では「なりすまし」が59%でもっとも多く、データの漏えい源では「悪意のある外部者」が68%とトップであった。なお、2016年に発生したデータ漏えい事件のうち、52%は漏えいしたデータ件数は報道されていない。調査ではデータ漏えいの深刻度を独自にBLIスコアとして数値化しているが、4億件のデータが漏えいしたAdultFriend Finderへのパスワードリスト攻撃はスコア10を記録している。

業種別では、漏えい事件数は医療(493件)、政府機関(269件)、その他(229件)、小売(215件)、金融(214件)となっており、漏えいデータ件数ではその他(5億件)、政府機関(3億9千件)、テクノロジ(3億9千件)、医療(3千5百件)となった。は15%で前年からと前年下半期と同水準であったが、漏えいしたデータ件数は57%を占めている。地域別では、北米(80%)、欧州(9%)、アジア(8%)において多く発生した。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「情報漏えいを起こした企業とは取引しない」反面、自身の意識は低い(ジェムアルト)

    「情報漏えいを起こした企業とは取引しない」反面、自身の意識は低い(ジェムアルト)

  2. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  3. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  4. ネットワークセキュリティ市場は堅調に拡大、不正アクセス監視やSSOに注目(富士キメラ総研)

  5. 公共の場所の監視カメラ調達などに活用、ネットワークカメラのセキュリティ対策基準公開(IPA)

  6. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  7. 総務省自治体強靱化でインターネット分離市場大幅増、2020年にはさらに倍増予測(ITR)

  8. サプライチェーン攻撃、ハイエンドモバイルマルウェア、破壊型攻撃--2018年予測(カスペルスキー)

  9. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  10. IoT機器まで対象を拡大するマイニングツール--四半期レポート(トレンドマイクロ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×