【画像】Facebook上の誤った情報の削除方法についての取り組みを発表 (2/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.13(水)

Facebook上の誤った情報の削除方法についての取り組みを発表 2枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグ氏 (C) Getty Images
Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグ氏 (C) Getty Images

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

    EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. IoT製品や組み込み機器などの脆弱性をハッカー視点で診断するラボを開設(PwCサイバーサービス)

    IoT製品や組み込み機器などの脆弱性をハッカー視点で診断するラボを開設(PwCサイバーサービス)

  4. Fortinetがモニタリングと分析ソリューションのプロバイダを買収(フォーティネット)

  5. 2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

  6. URLフィルタリングオプションでカテゴリを大幅に増強(バリオセキュア)

  7. 横浜にサイバーインテリジェンスセンター開設(デロイト トーマツ リスクサービス)

  8. 「青少年有害情報フィルタリング有効化措置を講ずる必要性が低いもの等を定める省令(案)」について意見募集(総務省)

  9. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  10. 攻撃者目線で脅威を可視化する米RiskIQ社のソリューションをSaaSで提供(マクニカネットワークス)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×