Facebook上の誤った情報の削除方法についての取り組みを発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

Facebook上の誤った情報の削除方法についての取り組みを発表

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは現地時間19日、同社サービス上から誤った情報を排除する方法について、投稿している。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは現地時間19日、同社サービス上から誤った情報を排除する方法について、投稿している。

 本件に関して、同社は今後、以下のような取り組みを行うという。

(1)検出の強化:誤った情報を分類する機能を向上。偽りを検出する優れた技術システムを構築する。
(2)レポート機能強化:ユーザーが、誤報に関して報告しやすくする
(3)第三者による検証:より多くの事実検証機関から検証を受ける
(4)警告の表示:誤報の可能性が高い情報に対してラベル付けをしたり、共有の際に警告を表示したりする
(5)関連する記事の品質を向上する
(6)広告ポリシー/ファームの検出機能を強化
(7)ジャーナリストやニュース業界と協力して、事実チェックシステムを強化する

 同社や検索大手のGoogleは、先日の米大統領選において誤報記事を配信したとして、批判を受けている。

FacebookのザッカーバーグCEO、米大統領選の誤報記事の排除ガイドラインについて投稿

《Tsujimura@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×