【画像】2016年上半期に漏えいしたデータ件数は世界で5億5千万件、北米が約8割(ジェムアルト) (2/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.19(土)

2016年上半期に漏えいしたデータ件数は世界で5億5千万件、北米が約8割(ジェムアルト) 2枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

「2016年上半期 Breach Level Index」インフォグラフィック
「2016年上半期 Breach Level Index」インフォグラフィック

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 人気が高いほど抱える脆弱性は増えるが、大ヒットアプリは逆に少ない(SDNA)

    人気が高いほど抱える脆弱性は増えるが、大ヒットアプリは逆に少ない(SDNA)

  2. 平成27年の出会い系サイト・コミュニティサイトに起因する被害児童数、過去最悪に(警察庁)

    平成27年の出会い系サイト・コミュニティサイトに起因する被害児童数、過去最悪に(警察庁)

  3. 柔軟性の高いサイバーレンジシステムを九州大学が導入(NTTデータ先端技術)

    柔軟性の高いサイバーレンジシステムを九州大学が導入(NTTデータ先端技術)

  4. アダルトコンテンツから子供を守ろうとしている親は5%--グローバル調査(カスペルスキー)

  5. ランサムウェア実被害は22%、セキュリティ投資は1千万以上が4割--実態調査(KPMGコンサルティング)

  6. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  7. PC用ブラウザシェアはGoogle Chromeが首位に、Internet Explorerはセキュリティ的観点から離反ユーザーも(米ネット・アプリケーションズ)

  8. 標的型攻撃の理解調査、1年前から大きな進展はみられず(デジタルアーツ)

  9. 脆弱性に対するリスク分析や効果的な対策の考え方をまとめた技術レポート(IPA)

  10. 2011年の日本企業の漏えいコストは平均2億円超--漏えい事件ベンチマーク(シマンテック)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×