【画像】データロスやダウンタイムによる損失コスト、国際平均と日本を比較(EMCジャパン) (10/10)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.19(土)

データロスやダウンタイムによる損失コスト、国際平均と日本を比較(EMCジャパン) 10枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

エアギャップで隔離されたリカバリシステムによる確実なデータ復旧

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. CIOの9割が「企業の無線LAN環境のセキュリティが不十分」--12カ国調査(フォーティネットジャパン)

    CIOの9割が「企業の無線LAN環境のセキュリティが不十分」--12カ国調査(フォーティネットジャパン)

  2. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  3. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  4. 高校生のAndroid端末保有者62人中セキュリティアプリの起動確認できたのは22人(MMD研究所)

  5. 重大な脆弱性が各分野で発覚、モバイルを狙うランサムウェアも--四半期レポート(トレンドマイクロ)

  6. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  7. 日本企業の情報セキュリティ投資額は米国の2年前の水準に相当(MMRI)

  8. 脆弱性に対するリスク分析や効果的な対策の考え方をまとめた技術レポート(IPA)

  9. 「なりすましメールではないか」という標的型メールなど、巧妙化する攻撃(トレンドマイクロ)

  10. 公表されたばかりの脆弱性がすぐに攻撃に悪用--インシデントレポート(ラック)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×