【画像】的確な翻訳語の有無はセキュリティ対策の議論を左右する (1/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

的確な翻訳語の有無はセキュリティ対策の議論を左右する 1枚目の写真・画像

特集

「海外のサイバーセキュリティの概念を的確に翻訳した日本語を作っていかなければいけない」 三井物産セキュアディレクション株式会社(MBSD) 伊藤 潤 氏
「海外のサイバーセキュリティの概念を的確に翻訳した日本語を作っていかなければいけない」 三井物産セキュアディレクション株式会社(MBSD) 伊藤 潤 氏

編集部おすすめの記事

特集

特集 アクセスランキング

  1. ペネトレーションテスターは見た! 第1回「ペンテスターの苦悩 ~ 脆弱性が見つからないのは○○だから?」

    ペネトレーションテスターは見た! 第1回「ペンテスターの苦悩 ~ 脆弱性が見つからないのは○○だから?」

  2. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  3. クラウドの活用が企業競争力の源泉に ~ビジネスを加速させるクラウド利用のために必要なセキュリティとは(2)

    クラウドの活用が企業競争力の源泉に ~ビジネスを加速させるクラウド利用のために必要なセキュリティとは(2)

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第9回「勤怠簿」

  5. 【Webアプリケーションのセキュリティ 3】〜 コラム:「0か1」の発想からの脱皮 〜

  6. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

  7. 住民基本台帳ネットワークと個人情報の保護 ■第2回■

  8. Google Desktop ハッキング簡単レシピ 〜 その脆弱性が物語るもの (1)

  9. 政府機関の情報セキュリティ対策(前編)

  10. ペネトレーションテスターは見た! 第2回「誰が困る? 脆弱性出すぎ問題」

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×