ここが変だよ日本のセキュリティ 第1回「被害総額14億円という規模」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

ここが変だよ日本のセキュリティ 第1回「被害総額14億円という規模」

特集 特集

何だね君はぁ? 「どうも、汝の隣次元を愛せよ!通勤電車でもギャルゲーに没頭する、2次元殺法コンビ参上ですよ! ハッカージャパンが休刊になってしまったので、場所を変えて連載を続行することにしました。まずは、セキュリティ・シンポジウム三兄弟の長兄ラオウとも言うべき南紀白浜にサイバー犯罪対策を議論しに参加してきたので、それに関連したネタから始めますよ!」


●フィッシング詐欺の脅威増大

サイバー犯罪のトピックとして白浜シンポジウムでも度々壇上で話題に取り上げられたのが、フィッシング詐欺だ。2014年1月~5月9日までの被害額の累計は約14億1,700万円にのぼり、昨年の被害総額約14億600万円を5か月足らずで突破し、過去最大規模となることが既に確定している。

過去これまでにも何度かピークがあり、その都度、乱数表カード、リスクレベル認証、資金移動発生の都度メールで通知など新たな強化策が考えられ、導入が行われてきた。しかしながらどの対策も、特効薬にはならなかったということだ。
《2次元殺法コンビ》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×