【画像】的確な翻訳語の有無はセキュリティ対策の議論を左右する (2/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.22(火)

的確な翻訳語の有無はセキュリティ対策の議論を左右する 2枚目の写真・画像

特集

「Breach」「Leak」「Stolen」それぞれの違い

編集部おすすめの記事

特集

特集 アクセスランキング

  1. スマホが標的のフィッシング詐欺「スミッシング」とは、現状と対策(アンラボ)

    スマホが標的のフィッシング詐欺「スミッシング」とは、現状と対策(アンラボ)

  2. [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

    [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

  3. piyolog Mk-II 第11回 「佐賀県学校教育ネットワークへの不正アクセス事件を振り返り気になったコト」

    piyolog Mk-II 第11回 「佐賀県学校教育ネットワークへの不正アクセス事件を振り返り気になったコト」

  4. [DEF CON 23] 米で相次ぐサイバー攻撃、ソーシャルエンジニアリングはどう悪用されるのか~クリス・ハドナジー インタビュー

  5. Man in the Browser と Man in the Middle 攻撃(CA Security Reminder)

  6. サイバー攻撃時代のセキュリティ自己診断ツール 第2回「セキュリティ対策ベスト3業界はどこか」

  7. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第3回「天と地」

  8. 大企業のセキュリティの鍵は内部関係者?(2)内側からの攻撃にも警戒が必要

  9. 仮想化によって拡大するセキュリティリスク、海外子会社で発生したVM削除事件

  10. ウォッチガード×ウェブセンスのURLフィルタリング対談(2)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×