【画像】スマートフォンアプリ利用状況の分析結果を発表、アプリの利用時間がWEBブラウザの約2.5倍に(ニールセン) (3/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.12(火)

スマートフォンアプリ利用状況の分析結果を発表、アプリの利用時間がWEBブラウザの約2.5倍に(ニールセン) 3枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

年代別スマホアプリ利用状況 2014年7月
年代別スマホアプリ利用状況 2014年7月

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

    ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  2. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  3. 1日当たりの標的型攻撃、1月から4倍に増加--インテリジェンスレポート(シマンテック)

    1日当たりの標的型攻撃、1月から4倍に増加--インテリジェンスレポート(シマンテック)

  4. メール攻撃に使用される日本語が洗練され、判断が困難に--上半期レポート(日本IBM)

  5. 2014年第1四半期はUPnPへの攻撃が急増、DDoS攻撃は減少--四半期レポート(アカマイ)

  6. SSL/TLSによる暗号化通信を悪用する攻撃の増加を受け、5つの条件を提示(A10ネットワークス)

  7. 日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ)

  8. サイバー犯罪の「金のなる木」ランサムウェア、国内被害報告前年比7倍(トレンドマイクロ)

  9. 攻撃性の高い中国ハッカー約50組織を分析「中国対日有害サイバー組織総覧2012」(ネットセキュリティ総合研究所)

  10. IoT機器まで対象を拡大するマイニングツール--四半期レポート(トレンドマイクロ)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×