【画像】新たなアプローチ「ライブメモリ分析」により企業への標的型攻撃を検出 (1/5)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.22(水)

新たなアプローチ「ライブメモリ分析」により企業への標的型攻撃を検出 1枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

EMCジャパン株式会社 RSA事業本部 能村 文武氏
EMCジャパン株式会社 RSA事業本部 能村 文武氏

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  2. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  3. Active Directoryを狙う2つの攻撃手法と、ログを活用した検知と対策(JPCERT/CC)

    Active Directoryを狙う2つの攻撃手法と、ログを活用した検知と対策(JPCERT/CC)

  4. 法改正によるフィッシング対策強化、迷惑メールの増加など--技術レポート(IIJ)

  5. 各キャリアのLTEへの接続率と平均スループットの分布を明らかに

  6. 進化する「やり取り型」攻撃、相手に合わせて攻撃手口を変化(IPA)

  7. 「多様化・複雑化する電気通信事故の防止の在り方に関する検討会」が取りまとめた報告書を公表、重要事故の基準見直しも提案(総務省)

  8. モバイルを狙う脅威、被害を請求書で知るケースが増えると予測(マカフィー)

  9. 40カ国の重要施設に侵入したサイバースパイ活動、22GB以上のデータを収集(カスペルスキー)

  10. 「収益型マルウェア」4つの手法--脅威動向調査(フォーティネットジャパン)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×