【画像】国内企業のオープンソースソフトウェア利用実態に関する調査結果を発表、本番環境で導入しているのは32.0%(IDC Japan) (1/1)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.20(月)

国内企業のオープンソースソフトウェア利用実態に関する調査結果を発表、本番環境で導入しているのは32.0%(IDC Japan) 1枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

OSSの導入状況:2013年調査と2012年調査の比較
OSSの導入状況:2013年調査と2012年調査の比較

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  2. 年金機構の情報漏えいに使われたとされる「Emdivi」の検知が増加(ラック)

    年金機構の情報漏えいに使われたとされる「Emdivi」の検知が増加(ラック)

  3. 「エンタープライズセキュリティアワード2015」を発表(イード)

    「エンタープライズセキュリティアワード2015」を発表(イード)

  4. サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説書を公開、最近の被害事例も(IPA)

  5. 小学生のスマートフォンの利用制限、保護フィルターのインストールが65.5%に(明光義塾)

  6. 国内の主要な個人情報漏えい事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2017」(イード)

  7. 「Censys」の利用方法などを解説した改訂版を公開--テクニカルウォッチ(IPA)

  8. ファジング導入における検討課題へのアプローチを紹介(IPA)

  9. 独自仕様のために脆弱性対策が遅れるAndroid端末--IPAがレポート(IPA)

  10. 日本のインフラ輸出の競争力向上にはサイバーセキュリティのルール化が必要(デロイト トーマツ)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×