【画像】新たに9つのgTLDがルートゾーンに追加、今後、レジストラによる割り当て開始予定(JPNIC) (2/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.12(火)

新たに9つのgTLDがルートゾーンに追加、今後、レジストラによる割り当て開始予定(JPNIC) 2枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

ルートゾーンに追加された13種
ルートゾーンに追加された13種

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 顔認証と2次元カラーコードによる2要素認証を実現した入退室管理ソリューション(日精)

    顔認証と2次元カラーコードによる2要素認証を実現した入退室管理ソリューション(日精)

  2. 日本ベリサインのWebに重大な問題が! ファイルが丸見えに

    日本ベリサインのWebに重大な問題が! ファイルが丸見えに

  3. IoT製品や組み込み機器などの脆弱性をハッカー視点で診断するラボを開設(PwCサイバーサービス)

    IoT製品や組み込み機器などの脆弱性をハッカー視点で診断するラボを開設(PwCサイバーサービス)

  4. 2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

  5. 個人・小規模事業者向けの「FFRI yarai」を発売(FFRI)

  6. 重要インフラにおける分野横断的演習を実施、約2,080名が参加(NISC)

  7. 攻撃者を偽のエリアに誘導するディセプション技術を搭載する統合EDRを発表(シマンテック)

  8. 自治体限定版「FinalCode」に、LGWAN向けファイル自動暗号化ASPサービス(デジタルアーツ)

  9. Raytheon と Websense、StoneSoft が統合、日本市場への野心 ( Forcepoint )

  10. ネットワーク構成図を自動生成、脆弱性による影響範囲なども付加し可視化(富士通システムズ・イースト)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×