【画像】2013年度上期の国内タブレット端末出荷台数の調査結果を発表、2012年度下期と比較して8.8%減(MM総研) (4/5)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.22(日)

2013年度上期の国内タブレット端末出荷台数の調査結果を発表、2012年度下期と比較して8.8%減(MM総研) 4枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

2013年度上期タブレット端末の回線/Wi-Fi別出荷台数シェア
2013年度上期タブレット端末の回線/Wi-Fi別出荷台数シェア

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  2. WEBアプリケーション脆弱性診断実施回数は年2~4回、予算は一回20万円が最多(NHNテコラス、イード)

    WEBアプリケーション脆弱性診断実施回数は年2~4回、予算は一回20万円が最多(NHNテコラス、イード)

  3. iPhoneで推測されやすい危険なパスコードトップ10、「5683」の意味とは?(ソフォス)

    iPhoneで推測されやすい危険なパスコードトップ10、「5683」の意味とは?(ソフォス)

  4. サイバー攻撃からの自社の復旧能力に「自信がない」66%--グローバル調査(日本IBM)

  5. 地域ごとに異なるサイバー攻撃の特徴--「サイバー世界大戦」レポート(ファイア・アイ)

  6. 日本企業の平均セキュリティ投資額は2.1億円でグローバルの半分(PwC)

  7. 2016年第2四半期のクレジットカード不正使用被害、3%ながら被害額が減少(日本クレジット協会)

  8. 被害を受けた組織の約4割が改善策としてIT部門とセキュリティ部門分離を実施--シスコ年次レポート(シスコ)

  9. 3月の「Apache Struts」の脆弱性に最大1日40万件超の攻撃を検知(日本IBM)

  10. エネルギー業界の86%が「セキュリティ侵害を1週間以内に検知」と自信(トリップワイヤ)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×