【画像】NAVERサービスへの不正アクセスを行った人物を特定、169万2,496件のアカウント情報はスタッフ立会いのもとで削除(LINE) (1/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.19(土)

NAVERサービスへの不正アクセスを行った人物を特定、169万2,496件のアカウント情報はスタッフ立会いのもとで削除(LINE) 1枚目の写真・画像

インシデント・事故

LINEによる発表(抜粋、8月3日)
LINEによる発表(抜粋、8月3日)

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

    「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

  2. CADソフト「ARCHITREND Z」を海賊版と知りながら1年以上業務で使用(ACCS)

    CADソフト「ARCHITREND Z」を海賊版と知りながら1年以上業務で使用(ACCS)

  3. 顧客の個人情報を記録した営業用のノートや手帳を紛失(かんぽ生命保険)

    顧客の個人情報を記録した営業用のノートや手帳を紛失(かんぽ生命保険)

  4. 「Microsoft Office」を不特定ユーザに送信可能な状態にしていた男性を逮捕(ACCS)

  5. 中学生になりすまし「アメーバピグ」にアクセスした小4児童を補導(福井県警察)

  6. 4月13日のWeb改竄情報

  7. 動画配信支援ツールで「ヴァントレッド」など無断配信、6名を送致(ACCS)

  8. クラックツールの販売者に国内で初となる有罪判決(BSA)

  9. 「自炊代行業」の男性を逮捕、書籍の転売やデータの使い回しなども判明(ACCS)

  10. 「gooメール」復旧しログイン可能に、影響範囲の詳細や原因などはまだ発表されず(goo)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×