第三者認証の現状と課題 5枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.24(土)

第三者認証の現状と課題 5枚目の写真・画像

IDとパスワードは、情報漏えいの枕詞かと思うほどの状況になっており、自前で管理することは、列車強盗などが多発したアメリカ西部開拓時代に自ら進んで保安官に就任するほどのリスクが存在すると語り、第三者認証の必要性を訴えた。

研修・セミナー・カンファレンス
米国の例。公務員にはPIVカード、従業員向けにPIV-Iカード、市民にICAM、消費者にはNSTICなどの使い分けがなされている
米国の例。公務員にはPIVカード、従業員向けにPIV-Iカード、市民にICAM、消費者にはNSTICなどの使い分けがなされている

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×