【画像】第三者認証の現状と課題 (4/5)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.18(月)

第三者認証の現状と課題 4枚目の写真・画像

研修・セミナー・カンファレンス

OpenID Connectは、ひとつの認証キーをもとに、Webサービス毎の個別のキーが発行されると共に、LOA 1 から 4 (LOA:Levels of Assurance、米政府による認証の保証レベルで4が最も高い)まで対応可能
OpenID Connectは、ひとつの認証キーをもとに、Webサービス毎の個別のキーが発行されると共に、LOA 1 から 4 (LOA:Levels of Assurance、米政府による認証の保証レベルで4が最も高い)まで対応可能

編集部おすすめの記事

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. C&Cサーバへの攻撃デモ、サイバーセキュリティに報復攻撃は認められるべきか

    C&Cサーバへの攻撃デモ、サイバーセキュリティに報復攻撃は認められるべきか

  2. x86 アーキテクチャに潜む脆弱性、未定義命令実行後の挙動

    x86 アーキテクチャに潜む脆弱性、未定義命令実行後の挙動

  3. 外からのサイバー攻撃と内部犯行の違いとは~内部不正対策の三要素

    外からのサイバー攻撃と内部犯行の違いとは~内部不正対策の三要素

  4. IPAなどの注意喚起情報では間に合わない~脆弱性を狙う攻撃とその対策(EGセキュアソリューションズ、ジェイピー・セキュア)

  5. [Security Days Spring 2017 インタビュー] 自社SIRTで培ったノウハウをソリューション導入からMSSまでワンストップに提供(NHN テコラス)

  6. FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2017 注目 Briefings ~ マルウェアの復活

  7. ランサムウェアの歴史と未来 - 世界最初のランサムウェアはフロッピーを郵送?(ESET)[Security Days Spring 2017 レポート]

  8. AI の弱点をつく攻撃と AI のサイバー攻撃活用

  9. 2017年8月25日 名和利男の目に映った光景

  10. 最も大事なものはすでに盗まれている(Niサイバーセキュリティ)[Security Days 2017 インタビュー]

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×