CrowdStrike FalconがAWS連携強化、ランサムウェア保護など新機能追加 | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

CrowdStrike FalconがAWS連携強化、ランサムウェア保護など新機能追加

クラウドストライク株式会社は11月8日、AWSのサービスと連携するCrowdStrike Falconプラットフォームの新機能を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 クラウドストライク株式会社は11月8日、AWSのサービスと連携するCrowdStrike Falconプラットフォームの新機能を発表した。

 CrowdStrike Falconプラットフォームでは、クラウドセキュリティポスチャ管理について、AWS及びハイブリッドクラウド環境におけるクラウドワークロード及びコンテナへの侵害に対する保護機能とともに単一のプラットフォームに統合、エンドツーエンドの可視性と保護を実現しクラウドリソースを最適化すると同時に、拡大するランサムウェアや複雑性を増すサイバー攻撃などの高度な脅威からアプリケーションを保護する。

 今回追加となる新しい拡張機能は、「ランサムウェアに対する保護とリカバリ」「IDベースの脅威検知と修復」「ワークロードのデプロイにおけるセキュリティとコンプライアンス強化」の3点で、これらにより包括的可視性や動的スケール、自動化、柔軟性を提供し、クラウドやエンドポイント全体に存在する脅威の予防、検知、対応を強化する。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×