SBT、EDRのマネージドサービスにCrowdStrike Falcon追加 | ScanNetSecurity
2024.05.28(火)

SBT、EDRのマネージドサービスにCrowdStrike Falcon追加

 SBテクノロジー株式会社は12月22日、マネージドセキュリティサービス「MSS for EDR」の新たな監視対象として統合セキュリティプラットフォーム「CrowdStrike Falcon」を追加し、同日からサービス提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 SBテクノロジー株式会社は12月22日、マネージドセキュリティサービス「MSS for EDR」の新たな監視対象として統合セキュリティプラットフォーム「CrowdStrike Falcon」を追加し、同日からサービス提供を開始すると発表した。

 同サービスでは、同社のセキュリティ監視センター(SOC)にて、顧客環境の「CrowdStrike Falcon」を24時間365日体制でセキュリティアナリストが監視し、ログ分析と報告を実施、不審な挙動を検知した場合は、顧客に代わり対処する。

 その他同サービスでは、他のセキュリティ機器で検出したアラートや外部通報などの外部情報を基にした調査を同社のセキュリティアナリストが行う「オンデマンドリサーチ」や、一連の解析や隔離に加え同社のMSS契約監視対象で関連インシデントの分析と不正な活動の抑制作業を実施する「プロアクティブコントロール」を提供する。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×