不正IPアドレス通信拒否や不正利用者特定支援の機能を実装したケーブルテレビ事業者向けGE-PON OLTを発表(三菱電機) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

不正IPアドレス通信拒否や不正利用者特定支援の機能を実装したケーブルテレビ事業者向けGE-PON OLTを発表(三菱電機)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 三菱電機は18日、FTTHによるブロードバンドサービスを実現するGE-PONシステムの新製品として、ケーブルテレビ事業者向けGE-PON OLT「AS-2000GLS3」を発表した。6月29日より販売を開始する。

 「AS-2000GLS3」は、セキュリティ対策などの運用に即した機能を実装し、最大35kmの長距離伝送を実現したGE-PON(Gigabit Ethernet-Passive Optical Network、光ファイバーによる高速アクセス技術)採用の局側終端装置(OLT:Optical Line Termina)となっている。

 不正IPアドレス通信拒否や不正利用者特定支援などのセキュリティ機能、ONUの自動登録機能やリモートシャットダウン機能などの運用機能を実装しており、FTTHへのスムーズな移行が可能となっている。

 また従来比1.75倍となる最大35km※2の長距離伝送を実現したことで、リピータ等の機器やサブセンターを設置することなく遠隔地の加入者へサービス提供が可能となっている。同社では年間200台の販売を目指すとしている。

三菱電機、ケーブルテレビ事業者向けGE-PON OLTを発売

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×