09年第4四半期の脆弱性関連情報の届出状況を発表、修正の長期化など憂慮(IPA) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

09年第4四半期の脆弱性関連情報の届出状況を発表、修正の長期化など憂慮(IPA)

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターは1月21日、2009年第4四半期(10月〜12月)の脆弱性関連情報の届出状況をまとめて発表した。今四半期の脆弱性関連情報の届出件数は、ソフトウェア製品に関するもの24件(前期3

製品・サービス・業界動向 業界動向
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターは1月21日、2009年第4四半期(10月〜12月)の脆弱性関連情報の届出状況をまとめて発表した。今四半期の脆弱性関連情報の届出件数は、ソフトウェア製品に関するもの24件(前期39件)、Webアプリケーション(Webサイト)に関連するもの127件(同131件)の合計151件だった。

 ソフトウェア製品の脆弱性処理に関しては、JPCERT/CCが調整を行い、製品開発者が脆弱性の修正を完了し、JVN(IPA、JPCERT/CC共同運営の脆弱性対策情報ポータルサイト)で対策情報を公表したもの16件など合計21件(累計605件)を処理した。また、Webサイトの脆弱性処理に関しては、IPAが通知を行い、Webサイト運営者が修正を完了したもの431件、注意喚起などを行い処理を終了したもの791件など合計1,262件(累計4,139件)を処理している。

 2009年の一年間に、Webサイトに関する脆弱性関連情報の届出が1,445件あったが、このうちSQLインジェクションの脆弱性に関する届出が168件あり、その中でIPAが個人情報を取扱っていると判断した届出は103件(61%)あった。この103件の対応をみると、個人情報を取り扱っているにもかかわらず、脆弱性が放置されたままのサイトが41件あることが分かった。

 また、IPAが脆弱性関連情報を通知してから今四半期までの経過日が90日以上のものを調べた結果、経過日数が90日〜199日に達したものは92件、200日〜299日のものは144件など、合計551件(前四半期は1,125件)となり、修正が長期化している実態が示されている。この中には、SQLインジェクションのように深刻度の高い脆弱性も含まれており、Webサイト運営者は脆弱性を攻撃された場合の脅威を正確に認識し、迅速な対策を講じる必要があると警告している。

http://www.ipa.go.jp/security/vuln/report/vuln2009q4.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×