2008年7月のコンピュータウイルス・トップ10を発表(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

2008年7月のコンピュータウイルス・トップ10を発表(ソフォス)

 ソフォス株式会社は8月22日、「SophosLabs」の調査により2008年7月度のコンピュータウイルス状況をまとめた「メールウイルストップ10」を発表した。7月度は、信用度の高い伝票情報を装って添付のマルウェアファイルを開かせる悪質なメールウイルスが多数出現した。今月

製品・サービス・業界動向 業界動向
 ソフォス株式会社は8月22日、「SophosLabs」の調査により2008年7月度のコンピュータウイルス状況をまとめた「メールウイルストップ10」を発表した。7月度は、信用度の高い伝票情報を装って添付のマルウェアファイルを開かせる悪質なメールウイルスが多数出現した。今月3位にランクされた「Troj/Invo」および9位の「Troj/Spy」、10位の「Mal/Spy」がこれらの手法を用いるメールウイルスとなっている。これらのメールウイルスは当初、請求書を装う形で悪質なファイルが添付されており、後に手法を変えて、大手宅配サービス会社UPSの荷物トラッキング情報(配達状況を確認するための情報)に偽装し
たファイルとして、多数配信された。

 メールウイルストップ10は、1位が「Troj/Agent」(15.3%)、2位が「W32/Netsky」(13.3%)、3位が「Troj/Invo」(12.4%)、4位が「Troj/MDrop」(9.4%)、5位が「Mal/EncPk」(8.4%)、6位が「Troj/PushDo」(6.1%)、7位が「Mal/Iframe」(5.6%)、8位が「W32/Mytob」(5.0%)、9位が「Troj/Spy」(4.5%)、10位が「Mal/Spy」(3.4%)となっている。


http://www.sophos.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×