Weekly Topics:グローバル化するサイバー犯罪の世界 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

Weekly Topics:グローバル化するサイバー犯罪の世界

国際 海外情報

経済がグローバル化していると言われて久しいが、サイバー犯罪の世界も同様のようで、ロシアのマフィアが数ヵ国語を操るハッカーを探していると『Tech.co.uk』が伝えている。

以前はコンピュータの世界で"複数の言語"と言うとき、通常は、COBOL、Java、JavaScript、C++ をはじめとするプログラミング言語のことを指していた。プログラマーとして活躍したい人は、C言語やJavaなど複数のプログラミング言語を学習してスキルを磨く。

一方、日本だけでなく、欧米でも就職の際に、英語などの主流言語以外に、他の言語も使える人は有利だ。最近になって、"英語とフランス語"といった複数の言語をマスターしたハッカーの需要が極めて高くなっている。

これまで英語で書かれたスパムやフィッシングメールの多くは、スペルを間違えていたり、文法上の誤りが多数あった。そのため攻撃者は、中国やロシアをはじめとする、英語が流暢に使えない国の人間であると見られていた。金融機関を騙ったフィッシングメールの英語に間違いが多ければ、受信者も警戒して、騙される人も少ない。

サイバー犯罪の世界ではどんどん犯罪組織が進出している。フェースブックなどのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)で情報を個人獲得してのスピアフィッシングなど、攻撃前に周到に準備することも珍しくない。そのような中で、攻撃もグローバル化して、英語だけでなく多言語、マルチリンガルになっているのは、予測された動きだろう…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】
──
※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました
購読会員登録案内 http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?w02_ssw
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×