オハイオ州の病院から24万2000件の個人情報漏洩 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

オハイオ州の病院から24万2000件の個人情報漏洩

国際 海外情報

米国オハイオ州の小児科病院、アクロン・チルドレンズ・ホスピタルで、ハッカーによる個人情報漏洩事件があったとして通知が行われた。システムに侵入したハッカーは2名と見られている。

ハッカーによりアクセスを受けたのは、2つの異なるデータベースだ。1つには、23万人の患者とその家族の氏名、住所、社会保険番号、生年月日が入っていた。医療情報や口座情報などは無事だった。

一方、もう1つのデータベースは1万2000件のドナーの情報だ。暗号化を行っていない銀行口座および、小切手に記載されるルーティング(支店)番号といった個人の財務情報が含まれていた。こちらには社会保険番号は入っていなかったらしい。クレジットカード番号については、暗号化し、最高のセキュリティで保護されていた。ドナーの財務情報が保存されていた理由だが、謝礼を小切手で支払われた場合、ドナーから問い合わせが後にあったときに、現金化されているか確認するためだったという。

データベースの情報は、大半が過去3年間のものだ。しかし…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×