KDDI、「ケーブルプラス電話」に一部ユーザが利用できない障害が発生 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

KDDI、「ケーブルプラス電話」に一部ユーザが利用できない障害が発生

製品・サービス・業界動向 業界動向

KDDI株式会社は6月13日、同社がケーブルテレビ会社と提携して提供している固定電話サービス「ケーブルプラス電話」が、同日午前3時49分から、一部のユーザで利用できない事象が発生していると発表した。全国12のケーブルテレビ会社(27局)で「ケーブルプラス電話」に契約している115,984のユーザのうち、IPアドレスの重複が発生したユーザにおいて一時的に電話の発着信が出来なくなっているという。

同社では、ユーザのIPアドレスを管理するサーバの不具合による、データベースの不整合が原因としており、このサーバの自動更新機能に加え、一部のユーザ自身がターミナルアダプタのリセット作業を行ったことにより、17時現在、106,527回線で正常に通話できることが確認できている。残りの回線についても、順次復旧していく見込みとしている。

KDDI:「ケーブルプラス電話」の障害について (第1報)
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2007/0613/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×