通知義務がなければ漏洩は明るみに出ない | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.20(金)

通知義務がなければ漏洩は明るみに出ない

国際 海外情報

米国で開かれた個人情報盗難問題に関する司法委員会で、Choice PointとLexisNexis Groupの代表が、「漏洩通知を義務付けるカリフォルニア法がなければ、被害者には通知していない」と認めた。

公聴会は4月13日、「電子個人情報の保全-プライバシーと商業・政府使用におけるバランス」と題して行われ、FBIやシークレットサービス、検事総長の団体National Association of Attorneys General (NAAG)、プライバシー問題のニュースなどを発行するPrivacyToday.com、そして、最近、大量の個人情報漏洩のあったChoice Point、LexisNexis、Acxiomの代表、個人情報保護法案を提出しているダイアン・ファインスタイン上院議員などが出席した。

Choice PointとLexisNexisの代表者は席上、カリフォルニア州法案が通過する以前にも漏洩事件はあったという事実を認めた。しかし、通知は行わないことに決めたという。司法委員会のスペクター委員長が理由を尋ねたが、「説明できない」とChoice Pointのカーリング社長は答えている。

ファインスタイン議員がさらに「カリフォルニア法がなければ、通知がないのか」と質問。両社代表は「消費者は、事件について知らされない可能性がある」と認めた。同議員は過去数年にわたり、連邦レベルで情報漏洩通知を義務づける法案を提出。企業などの反対運動で、現在までのところ通過には至っていない。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

    SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  4. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  5. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×