インターネットセキュリティリスクは15%増、米ISSが第三四半期レポート | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

インターネットセキュリティリスクは15%増、米ISSが第三四半期レポート

国際 海外情報

※※開催間近。締切迫る!!※※
     ↓↓↓
──────────────────────────────〔Info〕─
〜WEB制作者さま必須!     ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
 CGIのセキュアな構築法を学ぶ〜 ┃セ┃キ┃ュ┃ア┃な┃★┃C┃G┃I┃
                ┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
講師は人気CGIサイトのKENT氏! ┃コ┃ー┃デ┃ィ┃ン┃グ┃☆┃講┃座┃
                ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
詳細→ http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?ssa002_netsec
───────────────────────────────────


 米ISS(Internet Security Systems)は11月18日、2003年度第三四半期のインターネット・リスクレポート「Internet Risk Impact Summary Report for Q3 2003」を発表した。レポートによると、インターネットセキュリティ関連のリスクは前期より15%増加したとしている。新たに発見されたソフトウェアの脆弱性は725件と前期と同レベルながら、新たに発見されたウイルスやワームは823種類で、前期より26%増加した。


米ISS:Internet Security Systems・X-Force Releases Internet Risk Impac
t Summary Report for Q3 2003
http://www.iss.net/issEn/delivery/prdetail.jsp?type=&oid=23118
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×