セキュリティ情報サービスに関する調査結果を発表(バガボンド、横河電機) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.21(火)

セキュリティ情報サービスに関する調査結果を発表(バガボンド、横河電機)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 インターネットコンテンツの企画・運営を行う株式会社バガボンド(代表取締役 原 隆志 東京都渋谷区)は、横河電機株式会社(代表取締役社長:内田 勲 東京都武蔵野市)との共同企画で行った「セキュリティ情報サービスに関する調査」のアンケート結果を発表した。


■■ 調査結果 ■■

 本アンケートは、セキュリティ情報サービスの利用実態を調査することを目的として実施されたものである。
 アンケートは横河電機とSCAN編集部の共同で実施されたものであり、その対象がScan Security Wire誌上で回答者を募集したことから、回答者に一定の傾向があらわれている可能性がある。
 そのため、本アンケートから得られる結果は、ひとつの仮説であり、より正確な実態を把握するためには、さらなる調査が必要といえる。


◇調査結果詳細
http://www.yokogawa.co.jp/itbiz/


◆システム運用、管理者の97%が必要性を認め、回答者の80%が情報収集

 回答者の多くは社内あるいは顧客向けシステムの運用、管理担当者が多い。セキュリティ情報(脆弱性情報)についての一連の質問では回答者の97%以上が必要性を認め、実際に情報を入手している。定期的に情報を入手している回答者だけでも全体の80%におよんでいる。

 セキュリティ情報サービスの年間予算は、百万円以上で複数のサービスを用する回答者と限られた予算(ゼロを含む)に2極分化している可能性がある。広い内容(情報の分野)と範囲(対象OS、ソフトなど)の情報を求めている。

 セキュリティ情報は、ほぼ毎日メールで情報提供を受け、メーリングリストで15人未満で共有しているケースが多いと思われる。情報の利用確認頻度がほぼ毎日ということからも共有や転載が簡単な情報提供形態(メールやWEB)が好まれていると思われる。情報の利用者が15人未満という回答からも情報共有方法で手軽なメーリングリストが選択されていると思われる。

 また、情報は日本語化の必要性ありとの回答が96%あった。
 一般的に日本では業務上の必要からセキュリティ情報を収集する人々(今回の回答者の多くが該当)は英語が得意ではない場合が多いといわれている。その一方で悪意をもってシステム攻撃を行う人々は比較的英語に不自由なく海外のサイトで情報収集を行っているといわれており、情報格差は広がっている可能性がある。

 上記を組み合わせると、システム運用担当者は、毎日メールとWEBで提供される日本語のセキュリティ情報サービスが求めているということができる。その予算は、百万円を超える高額もしくは無償あるいは年間数万円レベルの安価なもののいずれかと思われる。


Q.脆弱性情報について必要性を感じますか?(N=175)

─────────┬────
項目           │%
─────────┼────
非常に必要だと思う │70.9%
─────────┼────
必要だと思う      │25.1%
─────────┼────
どちらとも言えない  │ 1.1%
─────────┼────
あまり必要ない    │ 0.0%
─────────┼────
まったく必要ない   │ 0.0%
─────────┼────
わからない       │ 0.0%
─────────┼────
無回答          │ 2.9%
─────────┴────


Q.現在、脆弱性情報を入手していますか?(N=175)

───────────┬────
項目              │%
───────────┼────
定期的に入手している   │
(無償のWEBサイトでの  │77.6%
閲覧なども含みます)   │
───────────┼────
入手している         │16.6%
───────────┼────
入手していない        │ 2.9%
───────────┼────
無回答             │ 2.9%
───────────┴────


■■ 調査概要 ■■

実施期間:2003年6月4日(水)〜2003年6月20日(金)
告知方法:バガボンド社 Scan Security Wire 誌上で回答者を募集
有効回答者数:175人


◇調査結果詳細
http://www.yokogawa.co.jp/itbiz/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  5. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  6. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  7. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  8. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  9. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  10. 自社技術とトレンドマイクロ製品で、ネットワークセキュリティの実証実験(IIJ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×