【サーバ事業者が考えるセキュリティとは?】〜ホスティングサービス事業シェア最大手、OCNに聞く〜 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.22(火)

【サーバ事業者が考えるセキュリティとは?】〜ホスティングサービス事業シェア最大手、OCNに聞く〜

特集 特集

●ホスティングサービス事業シェア最大手、OCNに聞く

 SCAN 編集部の co.jp サーバ調査では、ドメインのシェアが全体の10%を占め、トップとなっていたOCN 。去る4月8日には脆弱性を持つサーバのバージョンアップを業界に先駆けて行い、迅速な対応でサービスを展開している。今回はバージョンアップの件も含め、インシデントに対する認識や業務フロー、またサーバ事業者としてどのようなセキュリティサービスを顧客に提供しているか、内幸町のNTT コミュニケーションズを訪ね、お話を伺った。

 
>> セキュリティ対策の起点は、情報の「収集」と「試験環境による確認」

編:通常、脆弱性などの情報はどのようにして入手していますか?

 脆弱性、セキュリティーホールに関するメーリングリストや有料メールマガジン、ウェブサイトなどを日頃から駆使して情報収集を行い、早期発見につとめています。

 その場合大切なのは、情報が「乱れ飛んでいる段階」であることを認識することだと思います。情報を収集し、それが本当に正しいのかどうかを判断するために、OCN では商用環境の他に試験環境をも設置しています。試験環境で試し、情報が正しいか否かを吟味、判断すること。これは、コスト面においてもなかなかエンドユーザではできないですよね。ですから、弊社で試験を実施して問題が発覚すれば、「正しい情報」としてユーザに告知します。これは、サーバ事業者が受け持つ役割のひとつと考えています。

編:お客様や個人の方から直接メールで連絡が入る、というケースもありますか?

 はい、あります。4月8日に対処を完了したサーバの脆弱性についても、3月18日に、お客様からメールによる報告を受けたことに端を発しています。もちろん、そのような指摘をいただいた場合には、個人の方に感謝と経過の報告を入れさせていただいてます。


>> 社内で横断的に人材を集め、対策チームを結成。ハードベンダとの連携も

編:問題が発覚した場合、もちろんその問題の重要度にもよると思いますが、対応する社内体制はどのようになりますか?

 今回のサーバ脆弱性の対処を例にとりますと、非常に重要な問題だと認識しましたので、サービス開発、運用、カスタマーサポート、セキュリティ、技術などキイとなる部門から横断的に人を集めてチームを結成し、責任者を選定した上で進めました。一同が会すことはもちろん、電話会議等も駆使しています。

 Nimda 騒動のときのことをお話ししますと、確かあれは土曜日だったと思います。午後10時頃にサーバに負荷がかかる状況になり、おかしい、CodeRed の再来か?と危惧を抱きましたが、どうやら別種らしい。そこですぐ、午前2時から電話会議を実施しました。その後、カスタマー対応部門へ対処方法のアドバイスを行ったんです。

 また、CodeRed 騒動の際にはお客様のルータに不具合が発生しましたので、すぐさまハードベンダとも相互で連絡を取り合い、対処方法を告知しました。

 現在までは、それぞれの問題の性質に合わせ、柔軟で迅速な社内体制で対処できていると思っています。


◇OCN TECHWEB
http://www.ocn.ad.jp/

◇OCN セキュリティチェックサービス
http://www.ocn.ne.jp/business/security_check/

◇OCN ホスティングサービス
http://www.ocn.ne.jp/hosting/


(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

    [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

  2. [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

    [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

  3. ISMS認証とは何か■第1回■

    ISMS認証とは何か■第1回■

  4. ここが変だよ日本のセキュリティ 第29回「大事な人。忘れちゃダメな人。忘れたくなかった人。誰、誰……君の名前は……セキュリティ人材!」

  5. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  6. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  7. スマホが標的のフィッシング詐欺「スミッシング」とは、現状と対策(アンラボ)

  8. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 低年齢層のネット利用 8 割超え、サイバー犯罪カジュアル化も

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第4回「不在証明」

  10. シンクライアントを本当にわかっていますか 〜意外に知られていないシンクライアントの真価

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×