ID管理: ドッペルゲンガー・ドメインのもう一つの潜在的脅威 (CA Security Reminder) | ScanNetSecurity
2023.02.04(土)

ID管理: ドッペルゲンガー・ドメインのもう一つの潜在的脅威 (CA Security Reminder)

この手のドメインに関連して、他にも重要な脆弱性が研究者によって見つけられています。彼らは多くの偽サイトを作り、そのドメイン宛にメールが来るのを待ちました。

特集 特集
CA Security Reminder は、コンシューマライゼーションが進行する企業情報システムの情報セキュリティとアイデンティティ管理について考えます。

タイプミスでお目にかかるドッペルゲンガードメインのリスクは広く知られているが、まだあまり知られていないリスクを明らかにした実験に関して、CA Technologies の Sumner Blount が解説する。

--皆さんはドッペルゲンガー・ドメインが何かをご存じないかもしれませんが、まず確実に一度は訪れたことがあると思います。gmail.comでメールを読むために、「gmial.com」と入力し間違えたことがありますか?私は何度もありますが、それに気づくのはいつも何かを売りつけようとするサイトが表れた時です。もちろんもっとずっとひどいケースもあります。ドメイン名を入力し間違えると、ウイルスに感染されたサイトや、あるいはフィッシングサイトにいとも簡単に行き着くこともあり得ます。そしてそれらはあなたの口座番号やパスワードを奪うために正規のサイトに似せてデザインされています。

ドッペルゲンガー・ドメインの課題は、与えられたドメイン名の入力間違いの潜在的な数がほぼ無限だということです。企業が、アクセスしようとするユーザがこの手の活動に対して無防備にならないように全てを吸収してしまうことは非常に難しいことです。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×