Linux 6.2/Apacheユーザー向けにトラスト・サービスを開始(日本ベリサイン、レッドハット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

Linux 6.2/Apacheユーザー向けにトラスト・サービスを開始(日本ベリサイン、レッドハット)

 日本ベリサイン株式会社とレッドハット株式会社は、米Red Hat社がベリサインのウェブサイト用デジタル証明書をRed Hat Linux 6.2とApacheベースのウェブサーバ・ソフトウェアに統合したことを受け、日本市場の顧客向けにトラスト・サービス提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本ベリサイン株式会社とレッドハット株式会社は、米Red Hat社がベリサインのウェブサイト用デジタル証明書をRed Hat Linux 6.2とApacheベースのウェブサーバ・ソフトウェアに統合したことを受け、日本市場の顧客向けにトラスト・サービス提供を開始すると発表した。これにより同社ユーザーは、安全な電子商取引を行うために欠かせない128ビット対応のデジタル証明書とスタンダードなSSLデジタル証明書を利用できるようになった。なおベリサインは、レッドハッド製品を新規購入するユーザーに対して、セキュア・サーバIDあるいはグローバル・サーバIDを12月末までキャンペーン価格で販売する。

http://www.verisign.co.jp/press/2000/pr123_redhat.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×