Linux 6.2/Apacheユーザー向けにトラスト・サービスを開始(日本ベリサイン、レッドハット) | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

Linux 6.2/Apacheユーザー向けにトラスト・サービスを開始(日本ベリサイン、レッドハット)

 日本ベリサイン株式会社とレッドハット株式会社は、米Red Hat社がベリサインのウェブサイト用デジタル証明書をRed Hat Linux 6.2とApacheベースのウェブサーバ・ソフトウェアに統合したことを受け、日本市場の顧客向けにトラスト・サービス提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本ベリサイン株式会社とレッドハット株式会社は、米Red Hat社がベリサインのウェブサイト用デジタル証明書をRed Hat Linux 6.2とApacheベースのウェブサーバ・ソフトウェアに統合したことを受け、日本市場の顧客向けにトラスト・サービス提供を開始すると発表した。これにより同社ユーザーは、安全な電子商取引を行うために欠かせない128ビット対応のデジタル証明書とスタンダードなSSLデジタル証明書を利用できるようになった。なおベリサインは、レッドハッド製品を新規購入するユーザーに対して、セキュア・サーバIDあるいはグローバル・サーバIDを12月末までキャンペーン価格で販売する。

http://www.verisign.co.jp/press/2000/pr123_redhat.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×