新製品・新サービスのニュース記事一覧(4 ページ目) | 製品・サービス・業界動向 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービスニュース記事一覧(4 ページ目)

特権ID管理製品を日本市場へ、特権ユーザのUBA機能追加可(日本CA) 画像
新製品・新サービス

特権ID管理製品を日本市場へ、特権ユーザのUBA機能追加可(日本CA)

日本CAは、特権アクセス管理ソリューションである「CA Privileged Access Management(PAM)」を日本で初めて提供を開始すると発表した。

Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー) 画像
新製品・新サービス

Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

スペクトラム・テクノロジーは、「ホワイトハッカ育成ツール」を10月4日より販売開始すると発表した。

AWS活用支援サービスのオプションにWebアプリの脆弱性診断を追加(クラスメソッド) 画像
新製品・新サービス

AWS活用支援サービスのオプションにWebアプリの脆弱性診断を追加(クラスメソッド)

クラスメソッドは、AWSを活用するユーザ企業を総合的に支援するサービス「クラスメソッドメンバーズ」の運用保守オプションのひとつである「フートスキャン」のサービス内容を拡充したと発表した。

[対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか 画像
特集

[対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるかPR

企業のリスクマネジメントの専門家である ACEコンサルティング株式会社 白井 邦芳 氏と、SCSK株式会社の西廣 恭太 氏の二人は、この被害を、企業を取り巻くリスクとその対策が迎えている大きな転換点と捉えている。

バラクーダの既存ユーザ向けに、クラウドサンドボックスを提供(マクニカネットワークス) 画像
新製品・新サービス

バラクーダの既存ユーザ向けに、クラウドサンドボックスを提供(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークスは、米Barracuda Networks社製の「BATP」を、「Barracuda Email Security Gateway」の既存顧客向けに提供を開始した。

自治体限定版「FinalCode」に、LGWAN向けファイル自動暗号化ASPサービス(デジタルアーツ) 画像
新製品・新サービス

自治体限定版「FinalCode」に、LGWAN向けファイル自動暗号化ASPサービス(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、企業・官公庁向けファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」の自治体限定版に、総務省が推進するガイドライン「自治体情報システム強靱性向上モデル」に対応したLGWAN向けASPサービスを10月1日より提供開始する。

Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software) 画像
新製品・新サービス

Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

Black Duck Softwareは、企業・組織がApache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるようにするツール「Threat Check for Struts」を無料で配布すると発表した。

サイバー攻撃発見時の初動対応に300万円までのサイバー保険を付帯(NEC、東京海上日動) 画像
新製品・新サービス

サイバー攻撃発見時の初動対応に300万円までのサイバー保険を付帯(NEC、東京海上日動)

NECは東京海上日動と共同で、サイバー攻撃を発見した際の迅速な初動対応サービスと、深刻なインシデント発生時の高度なフォレンジック解析の費用を補償するサイバー保険を組み合わせた「ActSecureサイバー攻撃初動対応支援サービス」を製品化し、販売活動を開始した。

RSA NetWitnessがインシデント関連情報を自動時系列表示する機能強化、AWSやO365にも対応(EMCジャパン) 画像
新製品・新サービス

RSA NetWitnessがインシデント関連情報を自動時系列表示する機能強化、AWSやO365にも対応(EMCジャパン)

最新バージョンでは、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azure、MS Office 365に対応した他、「ストーリーライン」「ノードグラフ」「リレティドインジケーター」3つのアナリストの作業効率を向上するユーザーインターフェース強化を行った。

複雑化する脅威対策、攻撃者優位の状況を変えるには(シスコシステムズ) [ Security Days 2017 インタビュー] 画像
セミナー・イベント

複雑化する脅威対策、攻撃者優位の状況を変えるには(シスコシステムズ) [ Security Days 2017 インタビュー]PR

シスコは本国では「セキュリティの相談をする相手=シスコ」というイメージが数年前から確立しています。

金融機関向けの多要素認証プラットフォーム、FIDOベースの認証基盤を公開(DDS) 画像
新製品・新サービス

金融機関向けの多要素認証プラットフォーム、FIDOベースの認証基盤を公開(DDS)

DDSは、日本金融通信社が主催する「FIT2017 金融国際情報技術展」に、多要素認証統合プラットフォーム「EVE MA」、FIDOをベースとした認証基盤「マガタマ プラットフォーム」を出展すると発表した。

3社による新会社を設立、ネットワーク分離対応ソリューションを提供(チエル、SCJ、VB) 画像
業界動向

3社による新会社を設立、ネットワーク分離対応ソリューションを提供(チエル、SCJ、VB)

チエルは、SCJ、VBの3社による新会社として、SHIELDEX株式会社を設立したと発表した。

データ受け渡し製品にファイル無害化エンジンを組み合わせて提供(NTTテクノクロス、プロット) 画像
新製品・新サービス

データ受け渡し製品にファイル無害化エンジンを組み合わせて提供(NTTテクノクロス、プロット)

NTTテクノクロスは、データ受け渡し製品「Crossway/データブリッジ」にプロットのファイル無害化エンジン「Fast Sanitizer」を組み合わせた新製品「Crossway/データブリッジ 無害化オプション」を11月1日より販売すると発表した。

次世代エンドポイントセキュリティ新版、ランサムウェア防御機能など強化(パロアルトネットワークス) 画像
新製品・新サービス

次世代エンドポイントセキュリティ新版、ランサムウェア防御機能など強化(パロアルトネットワークス)

パロアルトネットワークスは、次世代エンドポイントセキュリティ「Traps」の最新版を提供開始すると発表した。

独自の悪性サイト情報を、ネットワーク機器に自動取込可能な形式で提供(NTT Com) 画像
新製品・新サービス

独自の悪性サイト情報を、ネットワーク機器に自動取込可能な形式で提供(NTT Com)

NTT Comは、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」のマネージドセキュリティサービスにおいて、新メニュー「Active Blacklist Threat Intelligence」を提供開始すると発表した。

技術対策と体制構築、サイバー事故保険がセットに(三井住友海上、NEC 他) 画像
業界動向

技術対策と体制構築、サイバー事故保険がセットに(三井住友海上、NEC 他)

三井住友海上およびインターリスク総研と、NEC、NECソリューションイノベータは、企業におけるサイバーセキュリティ対策を多角的に支援するための協業を開始すると発表した。

DLP製品大手、一般データ保護規則(GDPR)に対応(シマンテック) 画像
新製品・新サービス

DLP製品大手、一般データ保護規則(GDPR)に対応(シマンテック)

シマンテックは、「Data Loss Prevention(DLP)15」の発売と、「Symantec Information Centric Securityソリューション」の強化を発表した。

最も大事なものはすでに盗まれている(Niサイバーセキュリティ)[Security Days 2017 インタビュー] 画像
セミナー・イベント

最も大事なものはすでに盗まれている(Niサイバーセキュリティ)[Security Days 2017 インタビュー]PR

ISO27000シリーズのためのセキュリティポリシーは持っていますが、本当に企業を守るためにどういうポリシーが必要なのか、大元の本筋を持っている会社はほとんどありません。

マカフィー全EDR製品のマネージドサービス(富士通SSL) 画像
新製品・新サービス

マカフィー全EDR製品のマネージドサービス(富士通SSL)

富士通SSLは、マカフィーとマカフィーのEDRソリューションに関するサービスプロバイダ契約を締結し、マカフィーの同ソリューションを活用した世界初のエンドポイント対策サービス「マルウェア検知・拡散防止サービス」を販売開始したと発表した。

8割がセキュリティ用途で導入、VMware NSXとは(ヴイエムウェア)[Security Days 2017 インタビュー] 画像
セミナー・イベント

8割がセキュリティ用途で導入、VMware NSXとは(ヴイエムウェア)[Security Days 2017 インタビュー]PR

VMwareが提唱してきた「マイクロセグメンテーション」が徐々に認知されてきました。

JIPDECのマークを採用、自治体に普及するメール無害化ソリューションに(クオリティア) 画像
新製品・新サービス

JIPDECのマークを採用、自治体に普及するメール無害化ソリューションに(クオリティア)

クオリティアは、標的型メール攻撃対策ソリューション「Active! zone」に、JIPDECが提供する「安心マーク」を実装したと発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 20
  12. 30
  13. 40
  14. 50
  15. 最後
Page 4 of 554
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×