【画像】標的型攻撃の被害範囲を特定する新機能を搭載、今後は内部不正検知にも対応(富士通) (1/1)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.21(土)

標的型攻撃の被害範囲を特定する新機能を搭載、今後は内部不正検知にも対応(富士通) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

高速フォレンジック技術を活用した新機能の概要図
高速フォレンジック技術を活用した新機能の概要図

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

    サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  2. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

    ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  3. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

    IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  4. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  5. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  6. 子どもたちが怪しいサイトやアプリを見抜けるよう啓発教材を共同開発(カスペルスキー、静岡大学)

  7. 産業システム向けセキュリティ市場が前年比33.3%と高成長、25億円規模に(ITR)

  8. 中小規模企業向けの「ノキアIP350」を国内発売(ノキア・ジャパン)

  9. AVネットワークカメラの新製品を発売、明暗部の視認性を向上(ソニー)

  10. ルートゾーンKSKロールオーバーのプロセス開始、DNSパケットサイズに注意(JPRS)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×