標的型攻撃の被害範囲を特定する新機能を搭載、今後は内部不正検知にも対応(富士通) 1枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity
2021.10.26(火)

標的型攻撃の被害範囲を特定する新機能を搭載、今後は内部不正検知にも対応(富士通) 1枚目の写真・画像

富士通は、「FUJITSU Security Solution グローバルマネージドセキュリティサービス」に、標的型サイバー攻撃の影響範囲を調査する新機能を追加し、6月より提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向
高速フォレンジック技術を活用した新機能の概要図
高速フォレンジック技術を活用した新機能の概要図

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×