【画像】標的型攻撃の被害範囲を特定する新機能を搭載、今後は内部不正検知にも対応(富士通) (1/1)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.12(火)

標的型攻撃の被害範囲を特定する新機能を搭載、今後は内部不正検知にも対応(富士通) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

高速フォレンジック技術を活用した新機能の概要図
高速フォレンジック技術を活用した新機能の概要図

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 顔認証と2次元カラーコードによる2要素認証を実現した入退室管理ソリューション(日精)

    顔認証と2次元カラーコードによる2要素認証を実現した入退室管理ソリューション(日精)

  2. IoT製品や組み込み機器などの脆弱性をハッカー視点で診断するラボを開設(PwCサイバーサービス)

    IoT製品や組み込み機器などの脆弱性をハッカー視点で診断するラボを開設(PwCサイバーサービス)

  3. 個人・小規模事業者向けの「FFRI yarai」を発売(FFRI)

    個人・小規模事業者向けの「FFRI yarai」を発売(FFRI)

  4. 2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

  5. 悪意あるrootkitアプリケーションからユーザをプロアクティブに保護する技術を開発 (キヤノンシステムソリューションズ)

  6. 警視庁職員の受け入れ10年目むかえる、サイバー犯罪捜査研修へ協力(NTTデータ先端技術)

  7. マネーロンダリングやテロ資金供与防止のため、スキャンと真贋判定を同時に行う本人確認機を販売(トッパン・フォームズ)

  8. 未知のマルウェアを検出した際に、速やかにインシデント解析するサービス(MOTEX、ラック)

  9. Dark Netでやり取りされるハッカーなどの情報をインテリジェンスで提供(テリロジー)

  10. 山口英氏が死去--日本の情報セキュリティ発展に尽力(奈良先端大)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×