証明書の高速・大量発行を可能とする新たな認証局基盤を構築 | ScanNetSecurity
2024.06.23(日)

証明書の高速・大量発行を可能とする新たな認証局基盤を構築

 サイバートラスト株式会社は4月27日、「Secure IoT Platform」と連携し、証明書の高速・大量発行を可能とする新たな商用の認証局基盤の構築を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 サイバートラスト株式会社は4月27日、「Secure IoT Platform」と連携し、証明書の高速・大量発行を可能とする新たな商用の認証局基盤の構築を発表した。

 「Secure IoT Platform」は、電子署名法と WebTrust に準拠した国内のデータセンターにおける公開鍵暗号基盤(PKI)により、多角的な認証による真正性や、暗号化による機密性の確保、電子署名による改ざん防止・完全性を、一括したシステム基盤として提供するサービス。

 新たな認証基盤は、拡張性を持つクラウド基盤技術をベースに、経済産業省における「地域分散クラウド技術開発事業」に基づいた実証実験で高パフォーマンスを確認した認証局基盤を実用化したもので、同社の認証・セキュリティサービスで蓄積された公開鍵暗号基盤(PKI)や認証局に関する技術・ノウハウと、オープンソースソフトウェア(OSS)サービスで蓄積されたクラウド基盤技術を含む OSS に関わる技術・ノウハウを組み合わせ、開発、実現した。

 OSS クラウド基盤技術の利用で、柔軟・迅速な機能追加と構成変更管理や自動構築が可能となるとともに、冗長化や並列化が容易で高可用性や高拡張性を実現、証明書の高速・大量発行や配付及び失効管理に対応している。同社の Secure IoT Platform 以外のプラットフォームや製造プロセスとも連携し、SP800-207 で求められるゼロトラストアーキテクチャへの対応を支援する。

 なお、商用導入は2023年を予定している。

《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×