【画像】不正アクセスによりアカウント情報約4万件が流出可能性 (法政大学) (3/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.16(土)

不正アクセスによりアカウント情報約4万件が流出可能性 (法政大学) 3枚目の写真・画像

インシデント・事故

プレスリリース

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 教員のログイン情報でシステムなどに不正アクセス、8万件以上の個人情報が漏えい(大阪大学)

    教員のログイン情報でシステムなどに不正アクセス、8万件以上の個人情報が漏えい(大阪大学)

  2. CADソフト「ARCHITREND Z」を海賊版と知りながら1年以上業務で使用(ACCS)

    CADソフト「ARCHITREND Z」を海賊版と知りながら1年以上業務で使用(ACCS)

  3. GMO子会社のレンタルサーバがハッキングで改ざん、複数サイトに影響(GMOデジロック)

    GMO子会社のレンタルサーバがハッキングで改ざん、複数サイトに影響(GMOデジロック)

  4. SQLインジェクション脆弱性を突いた不正アクセスで個人情報2,728件が流出(InterFM897)

  5. 顧客情報を記録したノートPCが車上荒らしに遭い奪われる(東京海上日動あんしん生命保険)

  6. 卒業生や学会関係者約320名の個人情報を記録した個人用PCが盗難(早稲田大学)

  7. 廃棄処分したはずのハードディスクが流出(岐阜県美濃加茂市)

  8. 県立高校10校他のホームページがWeb改ざん被害、閲覧すると意図しないURLへ自動接続される現象が発生(沖縄県立総合教育センター)

  9. 「ネタバレ」サイトの運営者を逮捕、アフィリエイトで3年間で3億円の収入(ACCS)

  10. 「ひかり電話サービス」を誤って利用停止、ユーザー4,470件に影響(NTT西日本)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×