【画像】不正アクセスによりアカウント情報約4万件が流出可能性 (法政大学) (3/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.20(金)

不正アクセスによりアカウント情報約4万件が流出可能性 (法政大学) 3枚目の写真・画像

インシデント・事故

プレスリリース

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ)

    12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ)

  2. B.LEAGUEサイトへの不正アクセスでカード情報32,000件の流出可能性、委託先管理不充分(ぴあ)

    B.LEAGUEサイトへの不正アクセスでカード情報32,000件の流出可能性、委託先管理不充分(ぴあ)

  3. 訪問介護事業所利用者の名簿を紛失(川口市社会福祉協議会)

    訪問介護事業所利用者の名簿を紛失(川口市社会福祉協議会)

  4. 脆弱性を突かれ不正アクセス、番組サイトに投稿した個人情報が流出(TOKYO MX)

  5. Apache Struts2の脆弱性を利用した不正アクセスで約2.3万人の登録情報が流出(総務省)

  6. スーパーフードの通販サイトでカード情報が流出、サイトは停止せず対策(フルッタフルッタ)

  7. 25名分の氏名、住所、電話番号、生年月日を含む答案用紙が未回収に(日本英語検定協会)

  8. セガのWebサーバに不正アクセス、40以上の公式サイトを一時停止(セガ)

  9. ショッピングサイト「EIC-BOOK」に不正アクセス、カード情報が漏えい(ウェブサービス)

  10. セシールオンラインショップが不正アクセス被害、個人情報流出の可能性も(ディノス・セシール)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×